日本人の知らないシリコンバレー:セレブエンジェル投資家。俳優、ミュージシャン、MLB選手もスタートアップに投資。

September 28, 2015 by Tak Miyata

先週San Franciscoでは、Tech Crunchのイベント「TechCrunch Disrupt」が開催され、日本からも多くの業界関係者の方々が参加されていました。

このイベントでシリコンバレーの著名なVCや経営者たちと並んで登壇をしていたのが、ヒップホップのMCとして有名なSnoop Dogg。彼は別に自分の新しいアルバムのプロモーションや客寄せとして登壇をしていたのではなく、スタートアップに個人としと資金を投資する「エンジェル投資家」として登壇をしていたのです。

ちなみに、彼のCrunchbaseのプロフィールはこちら。エンジェル投資家として、オンラインコミュニティのRedditやオンライン証券のRobinhoodなどメジャーなスタートアップに投資をしています。

日本でミュージシャンや俳優などのセレブがスタートアップに投資をするというのはあまり聞きませんが、シリコンバレーでは珍しいことではありません。Crunchbaseで検索してみると、スポーツ選手、俳優、ミュージシャンなどセレブのプロフィールがたくさん出てきます。

Peyton Manning : スポーツ選手(NFL)
Derek Jeter : スポーツ選手(NFL)
Justin Bieber : ミュージシャン
Jessica Alba : 女優
JayZ : ミュージシャン
Will Smith : 俳優
Bruno Mars : ミュージシャン
Ashton Kutcher : 俳優

これはほんの一部で、我々が調査しただけでも100人程度はエンジェル投資をしているようです。それではなぜ彼らはスタートアップ企業にエンジェル投資をするのでしょう。

一つはその「インフルエンサー」としての価値を理解しているからです。

最も有名なセレブエンジェル投資家の一人、Troy Carterは、あのLady Gagaの元マネージャーです。私も何度か共同投資をしたことがありますが、非常にアクティブな投資家として活動しています。Lady Gagaは、TwitterとFacebookのフォロワー数が、それぞれ5000万、6000万とソーシャルメディア上で圧倒的な影響力を誇っています。Troyから投資を受けたスタートアップは実際にLady Gagaや複数のハリウッドセレブとタイアップ企画をアレンジしてもらい、大きな成功を収めました。スタートアップの創業直後のチャレンジの一つがユーザの獲得ですが、すでに多くのフォロワーやファンを持つセレブとのタイアップが強力な武器となることは言うまでもありません。

女優のJessica AlbaやYou TuberのMichelle Phanが、自らのスタートアップで大成功していることも有名ですが、米国のセレブ、特にハリウッドはその「インフルエンサー」としての自分の価値をよく理解しているような気がします。

ただ、単に影響力を行使するためだけに投資をしているわけではないセレブもいます。

俳優のAshton Kutcherです。彼はCrunchbaseを見るだけでもUBER、Airbnbなど有力なスタートアップに50件以上の投資をしています。2011年からA-Gradeというファンドを運営しており、最近Sound Venturesという新しいファンドも立ち上げています。

Y CombinatorのDemo Dayに行くと、毎回長身でキャップをかぶったAshtonを見かけます。一度彼とスタートアップの創業者と三人で話をしたことがありますが、創業者の語る事業ビジョンやモデルを的確に理解をしていました。「それはこういうことだね」と創業者の説明を別の表現で説明をし、「それでは彼に紹介をするよ」と類似業界ですでに成功しているスタートアップの創業者の名前を挙げていました。純粋にエンジェル投資家としてお金やネットワークだけではない価値を創業者に提供をしているなと非常に関心しました。

最近VC投資の規模も大きくなり、エンジェル投資家も増加している日本のスタートアップ業界ですが、今回紹介したような「セレブエンジェル」も増えたら面白いのではないでしょうか。先日京都で開催された B Dash Camp にはミュージシャンの小室哲哉さんがゲストとして登壇されていましたが、近い将来セレブが投資家として紹介されるのを楽しみにしたいと思います。


資金調達

「クラウド 3D CAD」のOnshape、「VR制作スタジオ」のJaunt、「IoTプラットホーム」のArrayentなどが新たに資金調達しました。Onshapeは、完全クラウド対応のCAD。Solidworksの創業者が創業したスタートアップで、シリコンバレーではスタンダードになりつつある模様。Jauntは、ハイクオリティなVRコンテンツを作るスタジオ。今回、DisneyやSkyなどのメディア大手が出資したことで、映画、テレビなどの世界へのVRのさらなる広がりが期待されます。

[SaaS/開発] Onshape
Series D ($80M) Andreessen Horowitz, NEA
「クラウド3D CAD」

[Service/VR] Jaunt
Series C ($65M) The Walt Disney, Google Ventures, Sky
「VR制作スタジオ」

[Saas/IoT] Arrayent
Series C ($11M) DCM Ventures, Intel Capital, Opus Capital
「IoTプラットホーム」

[SaaS/データ] StreamSets
Series A ($12.5M) Accel Partners, Battery Ventures, NEA
「ビッグデータ分析SaaS」

[Commerce/フード] Din
Seed VC ($3M) Accel Partners, Collaborative Fund, Harrison Metal,
「レストラン料理再現食材デリバリー」


M&A

[SaaS/マーケティング] PunchTab
N/A by WalmartLabs
「オムニチャネルマーケティングSaaS」

[Commerce/決済] Spree Commerce
N/A by First Data
「オープンソースコマースプラットホーム」

[Commerce/書籍] Oyster
N/A by Google
「電子書籍読み放題」

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。