今週の注目5社:D2Cコンドーム / 自動運転管制 / キックボードシェア / キャンプAirbnb / コミュニティアプリ

June 25, 2018 by Scrum Funding News

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「D2Cコンドーム」Lola

[Commerce/美容] Lola
Series B ($24M) Alliance Consumer Growth, Brand Foundry Ventures, Lerer Hippeau Ventures and Spark Capital

オーガニック生理用品、コンドームのサブスクリプションサービス。

香料や染料も含まず、100%オーガニックコットンを使用した生理用品(タンポンなど)。サブスクリプションサービスで18個あたり$10から利用できる。ミレニアム世代に受け入れられ、現在はコンドーム(12個あたり$10)も製品ラインナップに追加されている。BonobosやWarby Parkerの創業者、Serena Williamsなどのセレブも投資しており、注目を集めているスタートアップ。

2014年創業、本社はニューヨーク。Alliance Consumer Growth等から今回調達した$24Mは、サービスの拡大に活用する予定。

2.「自動運転管制」rideOS

[Service/モビリティ] rideOS
Series A ($9M) Graph Ventures, Sequoia Capital and SV Angel

自動運転向けの陸上管制システム。

自動運転用にマッピングやナビゲーションサービスを提供。効率的なルート選択や目的地までの所要時間の算出、複数の乗客を乗せる際のプランニング、配車システムなどの機能を持つ。最終的には、デリバリーロボットやドローンも含めた陸上の管制システムを目指しているとのこと。Fordの子会社である「モビリティプラットフォーム」のAutonomicとの提携も同時に発表。

元Uberの2名が2017年に創業、本社はサンフランシスコ。Sequoia Capital等から今回調達した$9Mは、引き続き採用及び、開発費用に活用する予定。

3.「キックボードシェア」Skip Transport

[Service/モビリティ] Skip Transport
Series A ($25M) Accel, Menlo Ventures and Y Combinator

電動キックボードのシェアリングサービス。

近くにあるキックボードを探し、アプリでQRコードをスキャンするだけ。LimeBikeなどと同様、ドックレス型のため目的地で乗り捨て可能。最大約50km走行でき、時速は最高30kmの電動キックボード。価格は$1からで、1分毎に$0.15課金される仕組み。ワシントンでサービスを開始し、現在サンフランシスコにサービスエリアを拡大中。競合は多いが、市と協力しながら慎重にサービスを展開している。

シリコンバレーの電動スケートボード会社が創業、本社はサンフランシスコ。Menlo Ventures等から今回調達した$25Mは、サービスエリアの拡大に活用する予定。

4.「キャンプAirbnb」Hipcamp

[Marketplace/キャンプ] Hipcamp
Series A ($9.5M) Benchmark

キャンプ場などアウトドアに特化した予約サイト。

米国内のキャンプ場をはじめ、アウトドアに特化した施設が28万5千カ所以上登録されている。特徴的なのは、既存のキャンプ場だけでなく、牧場や農場、ワイナリーなど個人の所有地なども利用できる点。ホストは支払額の90%(10%はHipcampの手数料)を受け取る仕組み。昨年は皆既日食に合わせて場所を紹介したり、「体験」を大切にするミレニアル世代を中心に受け入れられている。

2013年創業、本社はサンフランシスコ。Benchmark等から今回調達した$9.5Mは、引き続きキャンプサイトのネットワーク拡大に活用する予定。

5.「コミュニティアプリ」Amino Apps

[App/ソーシャル] Amino Apps
Series C ($45M) Goodwater Capital, Google Ventures, Hearst Ventures, Time Warner Investments, Union Square Ventures and Venrock

個人の関心・興味に応じたコミュニティを作れるアプリ。

K-POPやアニメ、LGBTなど興味に合わせたコミュニティを作ることができる。現在250 万以上のコミュニティがあり、コミュニティー内のメンバーとボイスチャットやビデオチャットなどを通じて交流できる。ブログを投稿したり、クイズや投票機能など様々なコミュニケーションツールが利用できる。サブスクリプションモデルで、価格は1ヶ月$2.99、3ヶ月$6.99、12ヶ月$25.99。ユーザーの1日の平均利用時間は70分とのこと。

2011年創業、本社はニューヨーク。Google Ventures等から今回調達した$45Mは、引き続き開発費用に活用する予定。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。