Disney、セブンイレブン、大企業がコミットする新しいアクセラレータ

July 21, 2014 by Tak Miyata
TAG:

投資先のハードウェアスタートアップ、SPIREが日経産業新聞の一面に掲載されました。まだプレオーダーを開始して一ヶ月弱ですが、彼らの最初の製品「心の状態を測定できる」ウェアラブルデバイスは大きな注目を集めており、今年の年末商戦に向けて大きな期待を持っています。

日本でもセブンイレブンなどの大手企業が参加しそのアセットを提供する新しいアクセラレータが発表され話題になっていましたが、先週、Disney初のアクセラレータとして注目されているDisney Acceleratorの初めてのバッチが発表されました。コンテンツ、ハード、動画、キッズなど非常にDisneyっぽさが出ていて楽しみな顔ぶれです。

数ヶ月前、投資先のヘルスケアスタートアップ NoomがNew York Digital Health Acceleratorというアクセラレータに採択されたという連絡をもらいました。彼らはすでにSeriesAの調達も終えていますが、このアクセラレータは病院や大手製薬会社などがずらっとメンター企業として名を連ねており、実際に提携や共同開発などコミットをすることが求められているということで、彼らのステージであっても参加の意味が大きいということでした。

Disney Acceleratorも、Disneyの様々なリソースが使えるということが注目されており、今後、従来のシードステージ向けでなく、成長ステージ向けの成果ドリブンなアクセラレータも増えてくるような気がします。

「レストランUBER決済」のCover、「ハイクオリティビデオ会議」のVidyo、「子供向けスマートトイ」のRomotiveなどが新たに資金調達を発表しました。

Coverは、UBERのように「お財布を出さずに支払いができる」レストラン向けの決済アプリです。Vidyoは、ハイクオリティで信頼度の高いビデオ会議システムで、医療の現場やエンタープライズで利用されています。エンタープライズ領域での動画というのもやはり面白い領域です。

Salesforceを導入しました。その検討過程で最後まで候補に残ったのが、今回$390MでSalesforceが買収したRelateIQです。周りのVCもRelateIQユーザが多く、モバイルや他のアプリ連携等が非常によく出来ているので最後まで悩んだのですが、このタイムリーなM&A、さすがにSalesforce抜け目ないということでしょう。

 


資金調達

[App/決済] Cover
Series A (Jul 10, 2014; $5.5M) Spark Capital, O’Reilly AlphaTech Ventures
「レストランUBER決済」

[Enterprise/ビデオ会議] Vidyo
Debt (Jul 10, 2014; $1.73M) Sequoia Capital
「ハイクオリティビデオ会議」

[Commerce/ペット] BarkBox
Series B (Jul 11, 2014; $15M) Bertelsmann Digital Media Investments, RRE Ventures
「ペットグッズ定期Box」

[HW/ロボット] Romotive
Debt (Jul 10, 2014; $1.73M) Sequoia Capital
「子供向けスマートトイ」

 


M&A

[Enterprise/CRM] RelateIQ
$390M by Salesforce
「モバイルCRM」

[Saas/動画] RayV
N/A by Yahoo
「動画配信プラットフォーム」

[Enterprise/IT] InMage
N/A by Microsoft
「バックアップ技術」

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。