今週の注目5社:ゼロエミッション航空機 / 着せ替えメガネD2C / セレブ動画メッセージ / スポーツカード取引 / 子育て家族向け福利厚生

April 12, 2021 by Scrum Funding News
TAG:

一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白い米国のスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「ゼロエミッション航空機」ZeroAvia

[HW/クリーンテック] ZeroAvia
Series B ($24.3M) Shell Ventures, Breakthrough Energy Ventures, British Airways, and Horizon Ventures

ゼロエミッション航空機の開発を手掛けるスタートアップ。

クリーンエネルギー(水素燃料電池)エンジンを搭載した航空機の開発。環境に優しいだけでなく、燃料やメンテナンスにかかる費用も半減できるという。2023年までに20席以下、2026年までには50席以上の航空機の市場に参入する計画。Amazonが創設したClimate Pledge Fund、Bill Gatesが率いるBreakthrough Energy Venturesなどから資金を調達する注目スタートアップ。

2017年創業、本社はホリスター(カリフォルニア州)。Breakthrough Energy Ventures等から今回調達した$24.3Mは、引き続き開発費用に活用する予定。

2.「着せ替えメガネD2C」Pair Eyewear

[Commerce/メガネ] Pair Eyewear
Series A ($12M) Norwest Venture Partners, Javelin Venture Partners, Bolt Innovation Group, Precursor Ventures, Gingerbread Capital, David Rogier, and Christian McCaffrey

着せ替え可能なメガネ・サングラスのオンライン販売。

度付きレンズを含むベースフレームとマグネットで取り替え可能なトップフレームからなる2ピースに分割されたメガネ。セサミストリートやマーベル、ハリー・ポッター、NBAチームなどとコラボレーションした様々なトップフレームが用意され、好きなときに交換して日々のスタイルを楽しむことができる。価格は、ベースフレームが$60、トップフレームが$25〜30。今回のラウンドには、NFLの選手であるChristian McCaffreyやMasterClassのCEOであるDavid Rogierも参加。

2017年創業、本社はニューヨーク。Javelin Venture Partners等から今回調達した$12Mは、商品ラインナップやブランドとのパートナーシップの拡大に活用する予定。

3.「セレブ動画メッセージ」Cameo

[Consumer/動画] Cameo
Series C ($100M) Kleiner Perkins Caufield & Byers, Lightspeed Venture Partners, Spark Capital, Google Ventures, Morgan Stanley, Origin Ventures, e.ventures, Valor Equity Partners, SoftBank Group, The Chernin Group, UTA Ventures, Tony Hawk, and Amazon Alexa Fund

ファン向けのセレブ動画メッセージプラットフォーム。

俳優などの芸能人やスポーツ選手、ミュージシャンなどの有名人に個人的なビデオメッセージを注文できるプラットフォーム。これまでにファン向けに制作した動画は200万本以上にのぼる。主な用途(約80%)は友達や家族など他人へのプレゼントに利用されている。2020年の売上高は前年比4.5倍の$100Mを達成し、平均注文額は$70(約25%増)という。今回の調達によりユニコーン企業の仲間入り。

2017年創業、本社はシカゴ。e.ventures等から今回調達した$100Mは、新製品の開発および海外展開の加速に活用する予定。

4.「スポーツカード取引」StarStock

[Marketplace/スポーツカード] StarStock
Series A ($8M) Andreessen Horowitz, Justin Kan, Ryan Spoon, and Trae Young

スポーツカードを売買できるマーケットプレイス。

「スポーツカード版StockX」とも言われ、オンラインでスポーツカードを購入するとリアルタイムで所有権を取得できるマーケットプレイス。即時取引により、リアルタイムの価格変動を反映することが可能。カードは発送を依頼するまで保険をかけた上で安全に金庫で保管されるという。すでに90万枚以上のカードが掲載されている。StarStockは各取引の5%分を手数料として徴収する仕組み。

2019年創業、本社はニューヨーク州。Andreessen Horowitz等から今回調達した$8Mは、サービスの拡大に活用する予定。

5.「子育て家族向け福利厚生」Cleo

[Service/福利厚生] Cleo
Series C ($40M) New Enterprise Associates, Felicis Ventures, Greylock Partners, Glynn Capital Management, Gaingels, Transformation Capital, and PruVen Capital

子育て家族を対象にした福利厚生サービス。

不妊治療から親子関係、職場復帰など、子育てをする従業員が抱える問題に関する様々なサービスを提供。専門家との1対1のコーチングに加え、パーソナライズされたコンテンツや家族コミュニティなどにアクセスできる。現在、55カ国13以上の言語に対応。すでにPinterest、Uber、Salesforceなどを顧客に持ち、昨年ユーザー数は8倍に拡大し、売上高は100%増という。

2016年創業、本社はサンフランシスコ。NEA等から今回調達した$40Mは、新製品の開発に活用する予定。

Scrum Connect Online なら、今回紹介した注目5社についてさらに詳しく知ることができます。スタートアップに精通した弊社のベンチャーキャピタリストに、スタートアップの詳細や資金調達状況、市場概況について日本語で質問できます。Scrum Connect Onlineは、独自の情報提供に加え、プロに相談でき、スタートアップと繋がれるプラットフォームです。

ブログの更新情報をメールでお届けしています。

米国のスタートアップトレンドやテック情報、スクラム主催のイベント情報をメールでお届けしています。お気軽にご登録ください。

でも情報発信しています。