今週の注目5社:スマートビデオ会議 / ヘアカラーD2C / AIヘルスケアコーチ / セキュリティシミュレーション / マルチクラウドネットワーク

April 27, 2020 by Scrum Funding News
TAG:

一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白い米国のスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「スマートビデオ会議」Blue Jeans Network

[Saas/コミュニケーション] Blue Jeans Network
$500M by Verizon

企業向けのビデオ会議システム。

有料で暗号化されたビデオ会議ソリューションを提供。ハイライト機能を利用することで、会議中の意思決定事項や参加者のタスクをリアルタイムで共有することが可能。FacebookやLinkedIn、Zillowなどを顧客に抱え、1万5000人以上のユーザーに利用されている。新型コロナウイルスの影響でリモートワークの導入が加速する中、Verizonは5G技術を活用し、遠隔医療やオンライン教育、業務トレーニングツールなどへの進出を狙っているという。

2009年創業、本社はサンノゼ(カリフォルニア州)。今回モバイル通信大手Verizonに買収された。買収額は、$500M。

2.「ヘアカラーD2C」Madison Reed

[Commerce/ヘアカラー] Madison Reed
Unattributed VC ($7.6M) First Round Capital, Norwest Venture Partners and True Ventures

ヘアカラーキットのオンライン販売。

オンライン上でいくつかの質問に答えるだけで、購入前に自分の好み・髪質にあったカラーを見つけることができる。また、AR技術やAIを活用し、ユーザーは事前に自分の髪がどのような色になるかアプリ上で確認できる。直営のヘアカラー専門サロン「Color Bar」は現在閉鎖中だが、新型コロナウイルスの影響で外出制限が長引く中、ウェブサイトのトラフィックは4倍に増加し、直近の新規顧客の売上高は15倍に急増しているという。

2013年創業、本社はサンフランシスコ。Norwest Venture Partners等から今回調達した$7.6Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

3.「AIヘルスケアコーチ」Yes Health

[App/ヘルスケア] Yes Health
Series A-II ($6M) Khosla Ventures

AIを活用したヘルスケアコーチアプリ。

16週間のダイエットプログラムと1年間の糖尿病予防の2つのプログラムを提供。ユーザーはアプリで写真をアップするだけで、機械学習とコンピュータービジョンを活用し食事内容を読み取ってくれる(入力の必要なし)。栄養やフィットネスの専門家から1on1のコーチングも受けられる。また、Fitibitを使って進捗状況もモニタリングしてくれる。Blue Shield of Californiaなどと提携しており、すでに数万人の有料会員をもつ。

PayPalの元幹部Alexander Petrov氏が2014年に創業、本社はミルバレー(カリフォルニア州)。Khosla Ventures等から今回調達した$6Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

4.「セキュリティシミュレーション」SafeBreach

[Enterprise/セキュリティ] SafeBreach
Series C ($19M) DNX Ventures, DTCP, Hewlett Packard Pathfinder, OCV Partners, PayPal Ventures and Sequoia Capital Israel

企業のセキュリティ対策をアセスメントするプラットフォーム。

ハッカーと同様の攻撃をシミュレーションすることで、企業のセキュリティ対策を評価。セキュリティリスクの可視化、優先順位付けも行ってくれる。ユーザーはセキュリティ対策を継続的に評価でき、最新の攻撃に対する有効性を迅速に評価可能。金融、ヘルスケア、通信、小売など数十社に利用されており、昨年シミュレーションされた回数は、15億回/月にのぼるという。新型コロナウイルスの影響でオフラインでの営業が難しい中、リモートマーケティング専任の役員も採用。

2014年創業、本社は サニーベール(カリフォルニア州)。OCV Partners等から今回調達した$19Mは、チャネルの拡大および製品開発に活用する予定。

5.「マルチクラウドネットワーク」Alkira

[Enterprise/ネットワーク] Alkira
Series A ($21.5M) Kleiner Perkins Caufield & Byers and Sequoia Capital

マルチクラウドネットワークを構築できるプラットフォーム。

グローバルなクラウドネットワークを数分で構築・展開可能なオンデマンドマルチクラウドネットワーク。操作性や使い易さと重視し、AWS・Google Cloud Platform・Azureなどのパブリッククラウドに関する専門知識がなくても構築できるという。リモートワークが広がり、SaaSやクラウドサービスの利用が増える中、セキュリティを担保したネットワークの運用が急務。

創業者のAmir KhanはCiscoに$610MでViptelaを売却した経験を持つ。本社はサンノゼ(カリフォルニア州)。KPCB等から今回調達した$21.5Mは、引き続き開発費用に活用する予定。

ブログの更新情報をメールでお届けしています。

米国のスタートアップトレンドやテック情報、スクラム主催のイベント情報をメールでお届けしています。お気軽にご登録ください。