今週の注目5社:フィットネスバンド / カレッジアパレルD2C / 返品マネジメント / オーディエンス分析 / 社員教育

November 27, 2019 by Scrum Funding News
TAG:

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「フィットネスバンド」Whoop

[HW/フィットネス] Whoop
Series D ($55M) Accomplice, Foundry Group, Marc Randolph, Promus Ventures, Silicon Valley Bank, Thursday Ventures, Two Sigma Ventures and Undisclosed Angel Investors

フィットネス用のリストバンド型ウェアラブルデバイス。

心拍数や睡眠時間などの生理データを24時間365日収集・解析し、身体の回復・疲労・睡眠状況をアプリを通じて教えてくれる。NFLやMLBのトップアスリートやプロトレーナーが、Whoopから得られる自身のデータを元に日々のトレーニング内容を決めているという。価格はリストバンド端末は無料で、アプリなどのサービス利用料として月額$30が課金される仕組み。Netflixの共同創業者であるMarc Randolphも出資。

2012年創業、本社はボストン。Foundry Group等から今回調達した$55Mは、引き続き開発費用に活用する予定。

2.「カレッジアパレルD2C」Hype and Vice

[Commerce/ファッション] Hype and Vice
Seed VC ($1.5M) Founders Fund, Jessica Livingston, Soma Capital, Undisclosed Angel Investors and USC Marshall Venture Fund

女性向けのカレッジウェアD2C。

大学とライセンス提携し、大学名やロゴ入りのカレッジウェアを販売。これまで男性向けが多くファッション性が低かったカレッジウェアを女性向けにデザインし直し、大学以外でも着用できるハイファッションなカレッジウェアに改善。UC バークレーやアリゾナ大学など50校を超える大学とライセンス契約を結び、売上高は毎年4倍以上に成長しているという。Y Combinator2019夏のバッチに参加。

2015年創業、本社はロサンゼルス。Founders Fund等から今回調達した$1.5Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

3.「返品マネジメント」Loop Returns

[SaaS/EC] Loop Returns
Series A ($10M) FirstMark Capital, Lerer Hippeau Ventures and Ridge Ventures

EC向けの返品マネジメントプラットフォーム。

ユーザーがオンラインショッピングで購入した商品の返品をアプリ上で希望すると、サイズや色違いなどへの変更を提案したり、アプリ上で他製品を提案して再購入を促してくれる。D2Cブランドは1顧客の獲得に$100以上を費やすが、その20〜30%が返品されるため、返品プロセスのUXを見直すことでブランドの売上損失を防ぐ狙い。既に、Allbirds、Brooklinen、Chubbiesなど200以上のブランドを顧客に持ち、これまでに200万件以上の返品を処理している。

2017年創業、本社はコロンバス(オハイオ州)。FirstMark Capital等から今回調達した$10Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

4.「オーディエンス分析」FanAI

[Marketing/eSports] FanAI
Series A-II ($8M) Allectus Capital, Courtside Ventures, CRCM Ventures, GFR Fund, Greycroft, M Ventures, Marubeni and Sterling VC

eSportsのオーディンス分析プラットフォーム。

スポーツやエンターテインメントの権利所有者およびスポンサーに、オーディンス分析結果を提供するプラットフォーム。5500万人以上のオーディンスプロファイルを持ち、スポンサーは分析結果を利用して最適なコンテンツを決めたり、キャンペーンのROIなどを測ることができる。Capcom, Cloud9, Gen.G EsportsなどeSportsの有名ブランドを顧客に持つ。

2016年創業、本社はサンタモニカ(カリフォルニア州)。Marubeni等から今回調達した$8Mは、アジアでの事業拡大に活用する予定。

5.「社員教育」Guild Education

[Service/HR] Guild Education
Series D ($157M) Bessemer Venture Partners, Emerson Collective, Felicis Ventures, General Catalyst, Harrison Metal, ICONIQ Capital, Lead Edge Capital, Next Play Capital, Redpoint Ventures, Salesforce Ventures, Silicon Valley Bank and Workday Ventures

企業の社員向けに再教育プログラムを提供するサービス。

企業が大学と提携し、福利厚生の一環として従業員向けにカスタマイズされた大学のプログラムを提供するサービス。直近では、労働者が将来高収入を得られる仕事に就くことができるように、学位と資格を提供するプログラムにも力を入れている。Walmart, Disney, Lowe’sなどを顧客に持ち、これまでに同サービスを利用した従業員は40万人以上。NBA選手のStephen Curryも出資。今回の調達でバリュエーションは$1Bに達し、ユニコーン企業の仲間入り。

2015年創業、本社はデンバー。General Catalyst等から今回調達した$157Mは、採用およびパートナーシップの拡大に活用する予定。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。