今週の注目5社:賞金ゲーム / パーソナライゼーション / マットレスD2C / ライドシェア / 産業用ドローン

April 8, 2019 by Scrum Funding News

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「賞金ゲーム」Players’ Lounge

[Game/対戦] Players’ Lounge
Series A ($3M) Aubrey Drake Graham, Canaan Partners, Chetrit Ventures, Comcast Ventures, Courtside Ventures, Macro Ventures, Marissa Mayer, RRE Ventures and Strauss Zelnick

オンライン上の対戦ゲームで賞金を稼げるプラットホーム。

参加すると同等レベルのスキルを持った対戦相手を自動的にマッチングしてくれる。後はオンライン上で対戦し、買った方が相手の掛け金を賞金として受け取れる仕組み。トーナメントなどの大会も開催している。Apex Legends、Fortnite、Maddenなど様々なゲームに対応。PS4、Xbox One、PCなどでプレイできる。数百万ドルを稼ぐプレイヤーもいるという。

2014年創業、本社はニューヨーク。Canaan Partners等から今回調達した$3Mは、引き続き開発費用に活用する予定。

2.「パーソナライゼーション」Dynamic Yield

[SaaS/パーソナライゼーション] Dynamic Yield
$300M by McDonald’s

AIを活用したパーソナライゼーション・プラットフォーム。

様々なデータポイントから顧客情報を収集し、パーソナライズされた提案(商品のレコメンデーションなど)を可能にするパーソナライゼーション・プラットフォーム。小売、金融、旅行、ゲーム、出版業界など300以上のブランドを顧客に持つ。McDonald’sは今回の買収によりパーソナライズされた顧客体験を加速する模様。まずは、ドライブスルーのメニューを時間帯や天候・注文状況などをもとに、瞬時にカスタマイズするという。セルフオーダー端末やアプリでの導入も予定している。

2011年創業、本社はニューヨーク。McDonald’sのデジタル改革の一環で今回$300Mで買収された。

3.「マットレスD2C」Casper

[Commerce/マットレス] Casper
Series D ($100M) New Enterprise Associates, Norwest Venture Partners and Target Corporation

マットレスをオンラインで販売するサービス。

オーダーすると自宅まで専用ボックスで郵送してくれる。送料は無料で100日までの無料トライアルも可能。マットレスの価格(ツインサイズ)は、$350のベーシックモデルから$1,250の高級品まで3つのラインナップが用意されている。現在は、枕やベッドフレーム、睡眠時専用のライトなど寝具用品のラインナップを拡大。2018年にはニューヨークに実店舗も展開(今後200店舗まで拡大予定)し、売上高は$400Mを達成。2019年は売上高$556M以上を目指しており、今期中の黒字化を狙っているという。今回の調達でバリュエーションは$1.1Bとユニコーン企業の仲間入りし、IPOも噂されている。

2014年創業、本社はニューヨーク。NEA等から今回調達した$100Mは、海外展開および、実店舗の拡大に活用する予定。

4.「ライドシェア」Lyft

[App/モビリティ] Lyft
IPO $24.3B

ライドシェアサービス。

”Uberのライバル”のライドシェアサービス。アプリで行き先を登録すると、近隣のドライバーが迎えに来てくれる。Uber同様、電動スクーターなどマルチモーダル対応。今回ナスダック証券取引所に上場し、初日の時価総額は$22Bに。上場申請書(S-1)によると、2018年の売上高は$2.2Bで、米国・カナダでの乗客数は3070万人、ドライバー数は190万人に達する。累計の配車数は10億回を超えているという。

2012年創業、本社はサンフランシスコ。

5.「産業用ドローン」Kespry

[Saas/ドローン] Kespry
Unattributed VC (NA) Salesforce Ventures

産業用に特化した自動ドローンシステム。

鉱山や建設現場、保険業界向けのドローン及び、自動操縦システムを開発。iPadアプリで調査する範囲と高さを決め、飛行前のチェックリストを確認するだけ。後は、“take-off”ボタンを押すと自動で離陸し、調査が完了したら自動で着陸する。取得したデータを分析し、1時間程で鉱山等の広大な敷地の等高線地図や3Dモデルなどを作成してくれる。サブスクリプションモデルで、価格は$1,666/月から。既に300以上の顧客を持つ。今回Salesforceと提携することで、災害時の調査など保険分野での活用を促進するという。

2013年創業、本社はメンローパーク。Salesforce Ventures等から今回調達した資金は、保険分野での事業拡大に活用する予定。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。