今週の注目5社:犬マーケット / 家庭内ジム / ピアボーナス / 産直EC / オフィス管理

April 14, 2019 by Scrum Funding News
TAG:

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「犬マーケット」Good Dog

[Marketplace/ペット] Good Dog
Seed VC ($6.7M) BarkBox, BoxGroup, Felicis Ventures, Fuel Capital, Slow Ventures, SV Angel

犬のマーケットプレイス。

飼い主と犬(ブリーダー・シェルターなど)を繋ぐマーケットプレイス。全米1,000以上の信頼できるソースから犬の紹介を受け、独自の審査基準を満たした犬のみをプラットフォーム上に掲載。飼い主は、場所・犬種・ブリーダー・保護犬シェルターなどで検索可能。また、家族形態やアレルギーの有無に応じて適した犬をレコメンドしてくれる。購入時に約$100を飼い主が支払う仕組み(ブリーダーやシェルターはチャージなし)。ペット市場は$72Bとも言われており、今後の成長が期待される。

本社はニューヨーク。Slow Ventures等から今回調達した$6.7Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

2.「家庭内ジム」Tonal

[HW/フィットネス] Tonal
Series C ($45M) Evolution Media, L Catterton, Mayfield Fund, Sapphire Ventures, Serena Williams and Shasta Ventures

家庭用の筋トレマシンをはじめとしたパーソナルフィットネスサービス。

壁に設置するだけで自宅がホームジムに変わる次世代型の筋トレマシン。電磁気の抵抗力を利用した「デジタルウェイト」を活用しており、最高200ポンド(約90kg)まで負荷をかけられるという。マシンの価格は$2,995。加えて、月額$49を払うと、マシンに備え付けの液晶画面で見られるビデオコーチングプログラムなどのサービスも受けられる。顧客の大半は30〜55歳で、男女比も均等の割合という。

Apple、IDEO、GoPro、Nest、Fitbit出身のメンバーが2015年に創業、本社はサンフランシスコ。L Catterton, Mayfield Fund等から今回調達した$45Mは、新たなパーソナライゼーション機能の開発などに活用する予定。

3.「ピアボーナス」Bonusly

[SaaS/HR] Bonusly
Series A ($1.5M) FirstMark Capital

従業員同士で報酬(ボーナス)を送りあえるプラットフォーム。

毎月企業から配布される報酬ポイントの中から、同僚が価値ある仕事をした際に、従業員同士でポイント(報酬)を送りあう仕組み。ポイントの送付は、ニュースフィードのような形で他メンバーにも周知されるため、チーム内でのエンゲージメント向上に繋がる。従業員が得たポイントは、現金やギフトカード、慈善団体への寄付に交換できる。また「CEOとのランチ」のようなカスタマイズも可能。ユーザーは、2018年に114カ国で$2.7Mのボーナスを配布したという。

2012年創業、本社はボルダー(コロラド州)。FirstMark Capital等から今回調達した$1.5Mは、引き続き開発および採用に活用する予定。

4.「産直EC」GrubMarket

[Commerce/フード] GrubMarket
Series C-II ($25M) ACE & Company, Arancia, Bascom Ventures, CentreGold Capital, Evolv Ventures, Fusion Fund, GGV Capital and University Growth Fund

オーガニックフードの産地直送ECサービス。

ファーマーズマーケットなどで販売する小規模農家が、オーガニックフードを直販できるECサービス。ユーザーはアプリで野菜や卵などの生鮮食品を購入するとローカルファームから自宅まで届けてくれる。スーパーなどの店頭価格よりも最大50%安く購入できるという。今回の資金調達後のバリュエーションは$255M。2015年のY Combinatorのメンバーで、弊社の投資先。

2014年創業。GGV Capital等から今回調達した$25Mは、開発および買収などに活用する予定。

5.「オフィス管理」Managed by Q

[Service/オフィス管理] Managed by Q
NA by WeWork

オフィス管理プラットフォーム。

オフィスの清掃やメンテナンス、ITサポート 、セキュリティ、備品(トイレットペーパーなど)の補充など、オフィス管理に必要な業務を全て引き受けてくれるサービス。ユーザーは、カーペットのクリーニングなど100以上あるサービスメニューから最適な依頼を選択するだけ。後は現場作業員が訪問して作業してくれる仕組み。オフィス管理のコストを40%、業務時間を30%節約できるという。また、受付やイベントスタッフなどの人材派遣サービスも展開している。2019年1月の資金調達時のバリュエーションは$249M。

2014年創業、本社はニューヨーク。今回WeWorkに買収された(買収金額は非公表)。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。