3800万店舗でBitcoinが使えるカード「Shift Payments」。金融1.0と2.0をつなぐ。

November 25, 2015 by Tak Miyata

増え続けるBitcoinの取引

価格自体は上がったり下がったりを繰り返しているBitcoinですが、その取引量は右肩あがりで急拡大しています。

112502

Bitcoinを使える場所も、2014年に大手として初めてOverstock.comがBitcoinでの支払いを受け付け始めると瞬く間にその数は増加し、現在は10万を超えるECサイトでBitcoinでの支払いを受け付けるようになっています。一方で、「オフライン」はというと、一部Bitcoinを取り扱う店舗は出てきているものの、オンラインとは異なり決済手段自体が確立されていないため、その取り扱い数は大きく伸びているとは言えない状況が続いています。

「VISAの全ての加盟店」でBitcoinが使えるカード

そんな中、Scrum Venturesの投資先であるShift Payments社が、世界最大級のBitcoinウォレットであるCoinbaseと提携し、この状況を打破する可能性のあるソリューションを発表しました。

Shift Paymentsは、2014年創業のY Combinator出身 スタートアップで、「あらゆる通貨を一枚のカードで」使えるようにするカードを発行しています。

今回の提携により、現在280万人いるCoinbaseユーザは、そのBitcoinを使い、Shiftが発行するカードで世界に3800万店舗ある「全てのVISAの加盟店で支払いができる」ようになりました。

「あらゆる通貨を一枚のカードで」というと、以前に多くの注目をあつめたCoinのような特別なハードウェアを想像するかもしれません。ところが、Shiftが発行するのはいわゆる普通の「プラスティックカード」です。見た目は一般的なVISAカードとなんら違いはありません。

どの通貨を使うかなどの操作は全て「アプリ」で行います。

112503

これがShiftのアプリ画面です。Funding Sourceの画面にはそのユーザが登録している通貨のアカウントの一覧が表示されます。ここでCoinbaseを選択すると、Shiftのカードで支払いをした際に、Coinbaseの口座からBitcoinが引き落とされるようになります。他の通貨を選択すると、その通貨が引き落とされるという仕組みになっています。

将来はマイルもポイントもShiftのカード一枚で。

これは何もBitcoinに限った話ではありません。今後は、その他の暗号通貨、飛行機のマイル、ポイントなど様々な「通貨」が追加されていく予定です。Bitcoinを使いたいと思えばアプリでBitcoinを選べばいいし、時には余ったマイルで買い物をする、そんな自由なお金の使い方が実現するのです。

Bitcoin、Blockchainなど、「Fintech(フィンテック)」と呼ばれる次世代の金融関連技術が大きな注目を集めていますが、金融というビジネスの性質上、既存のシステム「金融1.0」が根本的にDisruptされるには相応の時間がかかるでしょう。

Shift Paymentsは、従来のプラスティックカード、決済ネットワークという「金融1.0」の枠組みを使いながら、Bitcoin、仮想通貨といった「金融2.0」の技術やサービスの利用を可能にする、まさに「魔法」のようなカードだと考えています。

Shift Paymentsは、Scrum Venturesが先日提携を発表したDigital Garageさんのコワーキングスペース「DG717」に入居している生粋のシリコンバレーのスタートアップです。しかし、創業者でありCEOのMegは日本語の達者な日本人です(G1ベンチャーのパネル動画/ 記事)。

112504

「金融1.0」と「金融2.0」をつなぐだけでなく、シリコンバレーと日本のFintechをつなぐ存在になればとScrum Venturesも応援していますので、日本の金融2.0の世界で競合に一歩先んじたい考えている金融機関のみなさま、ぜひ contact@scrumventures.co までご連絡ください。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。