今週の注目5社: 会議室予約 / EC分割払い / ライブVR / ホームメンテ / CPGクラウドファンディング[Scrum Funding News]

November 16, 2015 by Scrum Funding News
TAG:

今週も、一週間の資金調達のニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

ダイジェスト動画はこちらからご覧ください。

1.「最適な会議室管理が実現できる会議室予約システム」EventBoard

111601

[Saas/会議室] EventBoard
Series A ($6.5M) Greycroft Partners, Origin Ventures and Zetta Venture Partners

サイズや設備などが異なる複数の会議室を効率的に予約、管理、利用ができる会議室利用システム。

UBER、airbnb、Dropbox、Twitterなどシリコンバレーの名だたる企業を中心として、1,000社を超える会社ですでに導入されています。

会議室の壁に設置されるタブレット端末から簡単に会議室の予約ができるだけでなく、サイズ、設備(テレビ会議、プロジェクター等)が最適に割り当てられるアナリティクス機能もあります。

2.「Eコマース向け分割払いサービス」Bread

111602

[Commerce/ローン] Bread
Series A ($14.3M) Bessemer Venture Partners

Eコマースサイト向けに提供されている「分割払い」機能。

この機能を利用しているサイトで商品を購入すると、Breadが消費者の代わりにまず全額を支払い、消費者からは2年間の分割で請求を行う仕組み

また、通常のEコマースサイトのように、支払いの時点で初めて支払いのオプションが出てくるのではなく、商品を選んでいる時点で与信が事前に行われ、利率などの情報がわかるようになるという特徴があります(導入されているサイト: Interiordefine)。

3.「ライブイベントVR配信」NextVR

111603

[HW/VR] NextVR
Series A ($30.5M) Comcast Ventures, Formation 8, Madison Square Garden and Time Warner Investments

ライブイベントのVR配信プラットフォーム。

NBAの開幕戦民主党の大統領候補者ディベート、など様々なライブイベントをVRで配信するプラットフォームとしてすでに活用されています。ライブイベントに関する23の特許も取得しているということです。

今回の資金調達は、Facebookに$2Bで買収されたOculusの初期の投資家であるFormation8がリードしており、ComcastやTime Warnerというテレビ局も参加しているという点も注目です。

4.「月額制ホームメンテナンスサービス」Super

111604

[Service/家] Super
Seed VC ($3.6M) Formation 8, Founder Collective, General Catalyst Partners and Lux Capital

家電や水道などの自宅の設備のメンテナンスや修理を月額で行う会員制サービス。

水道が壊れた、家電が動かないなどのトラブルの際に、家主が自分で検索をしたり、価格を交渉したりするのではなく、Superのアプリからすぐに修理などが手配できます。価格帯は3種類で、「Appliance (月額25ドル / 修理毎の支払い 50ドル / 対象が限定)」「Whole Home (月額75ドル / 修理毎の支払い 50ドル)」「Premium Home (月額150ドル / 修理毎の支払いなし)」の3つ。

創業者は、Jumptapというモバイル広告の会社の創業者で、Milennial Mediaに$225Mで売却した経験を持ちます。

5.「消費者ブランド向けクラウドファンディング」CircleUP

111605

[Marketplace/クラウドファンディング] CircleUp
Series C ($30M) Canaan Partners, Collaborative Fund, Maveron and Union Square Ventures

食品メーカー、アパレルメーカーなどの消費者ブランド向けのクラウドファンディングプラットフォーム。

誰でもプロジェクトをポストできるKickstarterなどとは異なり、専門家がコストや市場価格などを調査し、事業性を判断した上で、わずか5%の会社のみ参加できるという仕組みになっているのが特徴。また、投資ができるのもAcredit investorのみとなっています。

サービス立ち上げから5年が経っていますが、これまでに120だけしかプロジェクトがなかったようです。ただ、平均$1Mの調達に成功しており、トータルで$135M調達できているということです。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。