今週の注目5社:リアルタイム経費精算 / 後付け自動運転キット / ローカルニュースアプリ / デジタルカスタマーサービス / 脱炭素鉄鋼生産

January 19, 2021 by Scrum Funding News
TAG:

一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白い米国のスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「リアルタイム経費精算」Divvy

[Service/金融] Divvy
Series D ($165M) New Enterprise Associates, Insight Partners, Pelion Venture Partners, Schonfeld Strategic Advisors, Hanaco Venture Capital, PayPal Ventures, Acrew Capital, and Whale Rock Capital Management

法人向けクレジットカードおよび経費管理プラットフォーム。

Divvyが発行するクレジットカードで従業員が決済すると経費が全てトラッキングされる。月末に経費レポートを作成する必要がないことに加え、管理者や経理部門はリアルタイムで決済状況を把握でき、予算以上の支出を防ぐ機能もある。企業は無料で使用でき、Divvyはクレジットカードの支払手数料の一部を受け取る仕組み。今回の資金調達によるバリュエーションは$1.6Bとユニコーン企業の仲間入り。

2016年創業、本社はレヒ(ユタ州)。NEA等から今回調達した$165Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

2.「後付け自動運転キット」Ghost Locomotion

[Autonomy/モビリティ] Ghost Locomotion
Series D ($100M) Founders Fund, Khosla Ventures, Sutter Hill Ventures

高速道路の走行に特化した後付け自動運転キット。

自家用車に後から取り付けるだけで、高速道路上での自動運転(Level3)を可能にするキットを開発中。8台の360°HDカメラと制御コンピュターを搭載することで、悪天候や夜間でも人より3倍の速度で反応し、衝突などの危険を回避できるという。価格は$3495の初期費用に加え、$99の月額利用料。製品は2021年秋に発売予定。

2017年創業、本社はマウンテンビュー(カリフォルニア州)。Founders Fund等から今回調達した$100Mは、引き続き開発費用に活用する予定。

3.「ローカルニュースアプリ」News Break

[App/ニュース] News Break
Series C ($115M) Francisco Partners, and IDG Capital

ローカルニュースに特化したアプリ。

ユーザーのロケーションや、エンタメ・スポーツ・政治・ビジネスなどの興味に基づいてパーソナライズされたローカルニュースを配信してくれる。ローカルユーザーに加え、地元のジャーナリストや広告主などローカルコミュニティの活性化を目指している。現在、1日のアクティブユーザー数は1200万人(昨年対比3倍)に達しているとのこと。今回の資金調達により、2021年最初のユニコーン企業の一社に。

2015年創業、本社はマウンテンビュー(カリフォルニア州)。Francisco Partners等から今回調達した$115Mは、チームの拡大および海外展開の加速に活用する予定。

4.「デジタルカスタマーサービス」Glia

[SaaS/CRM] Glia
Series C ($78M) Insight Partners

ワンストップのデジタルカスタマーサービス。

チャットや音声通話、ビデオチャットなどを組み合わせ、ユーザーが望む方法でコミュニケーションができるワンストップカスタマーサービスプラットフォーム。また、CoBrowsing(画面の同期)機能により、ユーザーのアプリ上の画面を共有しながらサポートすることも可能。金融業界に加え、直近では保険、教育、小売業界などにも拡大し、2020年の売上高は昨年対比150%増。

2012年創業、本社はニューヨーク。Insight Partners等から今回調達した$78Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

5.「脱炭素鉄鋼生産」Boston Metal

[Service/エネルギー] Boston Metal
Series B ($50M) Prelude Ventures, The Engine, Breakthrough Energy Ventures, OGCI, Devonshire Investors, FMR, PIVA, Donald Sadoway, and BHP Ventures

エミッションフリーの鉄鋼生産技術。

特許取得済みの「溶融酸化物電解(MOE)」技術により、エミッションフリーの鉄鋼生産プロセス確立を目指すスタートアップ。原料を燃焼させずに電気分解を利用することで、より効率的、低コスト、持続可能なアプローチでさまざまな鉄鉱石からCO2排出量のない鉄鋼生産を促進できるという。Bill Gatesが出資するBreakthrough Energy Venturesも出資する注目スタートアップ。

2012年創業、本社はウーバン(マサチューセッツ州)。Devonshire Investors等から今回調達した$50Mは、チームの拡大および開発費用に活用する予定。

Scrum Connect Online なら、今回紹介した注目5社についてさらに詳しく知ることができます。スタートアップに精通した弊社のベンチャーキャピタリストに、スタートアップの詳細や資金調達状況、市場概況について日本語で質問できます。Scrum Connect Onlineは、独自の情報提供に加え、プロに相談でき、スタートアップと繋がれるプラットフォームです。

ブログの更新情報をメールでお届けしています。

米国のスタートアップトレンドやテック情報、スクラム主催のイベント情報をメールでお届けしています。お気軽にご登録ください。

でも情報発信しています。