今週の注目5社:オンラインスクールSaaS / 観葉植物D2C / オンライン読書クラブ / VRグローブ / スマートナレッジ

October 13, 2020 by Scrum Funding News
TAG:

一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白い米国のスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「オンラインスクールSaaS」Virtually

[SaaS/教育] Virtually
Seed-II ($1.75M) Tiger Global Management, Eric Ries, Andreas Klinger, Li Fan, and Avlok Kohli

オンラインスクール向けのワンストッププラットフォーム。

生徒の登録からライブ授業システム、生徒の管理およびコミュニケーション、授業料の支払プロセスなどが統合されたワンストップツール。オンラインスクールの「Shopify」とも言われている。価格は10人までは無料で利用でき、それ以上の場合は生徒1人に付き、$3を徴収する仕組み。すでに25以上のオンラインスクールで活用され、生徒は1000人以上にのぼる。Y Combinator2020の夏のバッチに参加。

2019年創業、本社はニューヨーク。Tiger Global Management等から今回調達した$1.75Mは、引き続き開発費用に活用する予定。

2.「観葉植物D2C」Bloomscape

[Commerce/植物] Bloomscape
Series B ($15M) General Catalyst, Revolution Ventures, Ludlow Ventures, and Annox Capital

観葉植物をオンラインで販売するサービス。

オンラインで注文すると3〜4日程度(1週間以内)で、ビニールハウスから観葉植物が直接配達されるサービス。特許取得済みのパッケージ技術により、配送中も植物や植木鉢の温度を適正に保つことができるという。 また、植物管理アプリも提供し、観葉植物を育てるコツや水やりのリマインダー機能なども提供している。コロナ禍によるステイホーム需要も拡大し、昨年対比4倍で急成長中。

2018年創業、本社はデトロイト。General Catalyst等から今回調達した$15Mは、チームの拡大および新製品の開発に活用する予定。

3.「オンライン読書クラブ」BookClub

[Service/コミュニティ] BookClub
Seed VC ($6M) Maveron, Pelion Venture Partners, Signal Peak Ventures, Mike Levinthal, and GSV Ventures

本の著者と読者を繋げるオンライン読書コミュニティ。

ビデオベースのコミュニティプラットフォームで、著者の独占インタビューを読者に共有したり、オンラインで読者同士のディスカッションを著者が主導したりできる。また、オンラインの読者グループに直接参加して質問に答えたり、読者との対話を通じて共に学ぶことを目的としている。価格は未定だが、サブスクリプションモデルを想定しているという。人材育成プラットフォーム「degreed」の共同創業者が創業。

本社はソルトレイクシティ。Maveron等から今回調達した$6Mは、引き続き開発費用に活用する予定。

4.「VRグローブ」HaptX

[HW/VR] HaptX
Grant ($1.5M) National Science Foundation

手のリアルな触覚を感じられるグローブ型デバイス。

グローブに繋がれた圧縮空気装置を使い、グローブ内にある130点のタッチポイントが拡大・縮小することで本物の触覚を再現。最大2ミリの精度で手の動きを再現し、形状や重量、質感を感じることができるという。ゲームだけでなく、ロボットによる遠隔操作やトレーニング・シミュレーションなど、企業での利用を想定している。現在、バージニア工科大学やフロリダ大学と共同で研究を進めている。

2012年創業、本社はシアトル。National Science Foundation等から今回調達した$1.5Mは、引き続き開発費用に活用する予定。

5.「スマートナレッジ」Golden

[SaaS/ナレッジ] Golden
Series A ($14.5M) Andreessen Horowitz, Data Collective, Gigafund, and Harpoon Ventures

AIを活用した知識データベース。

人工知能と自然言語処理、人間を使用し、ニュースやウェブサイト、公開されているデータベースからあらゆる情報を抽出・整理するナレッジデータベース。特に、最新の科学技術やスタートアップの動向に焦点を当てており、「DNAシークエンシング」や「Space X」など、分野・トピック毎に整理されているUIが特徴。直近では、COVID-19への対応を支援するためにアメリカ空軍と$1Mの契約を締結したという。

2017年創業、本社はサンフランシスコ。Andreessen Horowitz等から今回調達した$14.5Mは、チームの拡大に活用する予定。

Scrum Connect Online なら、今回紹介した注目5社についてさらに詳しく知ることができます。スタートアップに精通した弊社のベンチャーキャピタリストに、スタートアップの詳細や資金調達状況、市場概況について日本語で質問できます。Scrum Connect Onlineは、独自の情報提供に加え、プロに相談でき、スタートアップと繋がれるプラットフォームです。

ブログの更新情報をメールでお届けしています。

米国のスタートアップトレンドやテック情報、スクラム主催のイベント情報をメールでお届けしています。お気軽にご登録ください。