今週の注目5社:リアルタイム地球観測 / クリプトアセット / VRライブ / 遺伝子治療プラットフォーム / 仮想通貨コンプライアンス

April 30, 2018 by Scrum Funding News
TAG:

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「リアルタイム地球観測」EarthNow

[HW/衛星] EarthNow
Seed (NA) Airbus, Bill Gates, Greg Wyler and Masayoshi Son

地球の映像をリアルタイムに配信する衛星システム。

1基あたり227キログラムの重さの人工衛星を500基打ち上げ、人工衛星ネットワークの構築を目指している。利用者は地球上のあらゆる場所のライブ映像をわずか1秒ほどの誤差で見られるようになるとのこと。映像の解像度は発表されていないが、違法漁業の摘発や鯨などの移動の追跡、紛争地帯の監視などへの活用が期待されている。ビル・ゲイツや孫正義も投資しており、注目を集めている。

2017年創業、本社はワシントン。Airbus等から今回調達した資金は、引き続き開発費用に活用する予定。

2.「クリプトアセット」Rare Bits

[Marketplace/クリプト] Rare Bits
Series A ($6M) Craft Ventures, First Round Capital, Nabeel Hyatt, Spark Capital and SV Angel

クリプトアセットのP2Pマーケットプレイス。

仮想通貨を使ってデジタルアセットを売買できるプラットフォーム。CryptoKittiesなど、十数種類のゲームから50万以上のアイテムが掲載されている。2月にローンチされたばかりだが、最初の一ヶ月で10万ドル以上取引された。現在、手数料無料で売買でき、これまで20万ドル相当で落札された商品もあるとのこと。ブロックチェーンのeBayを目指しているという。

2017年創業、本社はサンフランシスコ、従業員は現在8名。Spark Capital等から今回調達した$6Mは、サービスの拡大に活用する予定。

3.「VRライブ」TheWaveVR

[SaaS/VR] TheWaveVR
Series A ($6M) Alex Chung, Andy Ross, Greycroft Partners, KPCB Edge, Matt Brimer, RRE Ventures, The Venture Reality Fund and Upfront Ventures

VRを使ったミュージックライブプラットフォーム。

VR上の空間で、DJとしてイベントをホストしたり、観客としてミュージックライブに参加したりできる。他のユーザーと交流できるソーシャル機能も持つ。直近では映画「レディ・プレイヤー1」とコラボした音楽体験をリリースしている。今後は、ロサンゼルスに新事務所を開設し、アーティストやミュージシャンとのコラボレーションを更に加速させる予定。

2016年創業、本社はオースティン(テキサス州)。RRE Ventures等から今回調達した$6Mは、アプリのコミュニティツールの拡大などに活用する予定。

4.「遺伝子治療プラットフォーム」Vineti

[SaaS/ヘルスケア] Vineti
Series B ($33.5M) Canaan Partners, Casdin Capital, DFJ, GE Ventures, Lifeforce Capital and Section 32

細胞・遺伝子治療のためのプラットフォーム。

がんや同様の重篤患者向けにパーソナライズされた治療を提供するためのプラットフォーム。これまで細胞・遺伝子治療のプロセスは複雑だったが、デジタル化(サプライチェーンや製造プロセスの自動化など)することで安全かつ効率的な治療を可能にしている。また、「記録のプラットフォーム」とも言われ、蓄積された患者データを解析し、新たな治療法の開発にも寄与するとのこと。

GE、Mayo Clinicが2016年に共同で設立、本社はサンフランシスコ。DFJ等から今回調達した$33.5Mは、ヨーロッパやアジア展開に活用する予定。

5.「仮想通貨コンプライアンス」Harbor Platform

[SaaS/仮想通貨] Harbor Platform
Series B ($28M) 1confirmation, Abstract Ventures, Andreessen Horowitz, Craft Ventures, Founders Fund, FuturePerfect Ventures, Kyle Samani, Napolean Ta, Nicolas Berggruen, Pantera Capital, Signia Venture Partners, Tushar Jain, Valor Equity Partners and VY Capital

仮想通貨を安全に取引するためのコンプライアンスインフラ。

R-Tokenと呼ばれるトークンシステムは、定められた規則を満たしている場合のみ、仮想通貨の取引を許可する仕組み。証券の発行者、ブローカー、引受先、規制当局などは、マネーロンダリングの防止や、税務上のリスク回避のために本システムを活用可能。また、ERC-20と互換性があり、既存のイーサリアムのエコシステムとも連携しているとのこと。

2017年創業、本社はサンフランシスコ。Founders Fund等から今回調達した$28Mは、サービス拡大に活用する予定。

ブログの更新情報をメールでお届けしています。

米国のスタートアップトレンドやテック情報、スクラム主催のイベント情報をメールでお届けしています。お気軽にご登録ください。