今週の注目5社:オフィス内個室 / 妊娠検査薬D2C / 代替マグロ / デジタル営業 / オンデマンドメンタルヘルス

August 19, 2020 by Scrum Funding News
TAG:

一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白い米国のスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「オフィス内個室」Room

[HW/ワークスペース] Room
Series A ($12.5M) SJF Ventures, Undisclosed Angel Investors, Lerer Hippeau Ventures, Slow Ventures, Bjarke Ingels, and FJ Labs

モジュール式のオフィススペース。

防音設備付きの電話ブース(個人用の作業スペース)や、2〜3人で利用できる少人数用の会議室ブースを開発。 デスクやファンも付いており、従業員は快適な環境で集中して作業することが可能。また、工場から直接販売するため電話ブースが$3,895と従来の製品と比較すると半額以下の価格。すでにNikeやNASA、Googleなど3000以上の顧客を持つ。コロナ禍での職場のソーシャルディスタンシングに役立つソリューションとしても注目されている。

2017年創業、本社はニューヨーク。Slow Ventures等から今回調達した$12.5Mは、製品ラインナップの拡大に活用する予定。

2.「妊娠検査薬D2C」Stix

[Service/ヘルスケア] Stix
Seed VC ($1.3M) Bertelsmann Digital Media Investments, Founders Factory, Heidi Zak, Vamos Ventures, Rogue Women’s Fund, Laurence Franklin, Steve Gutentag, and Demetri Karagas

妊娠検査および排卵日予測検査キットのD2Cサービス。

FDA認可済みの検査薬で共に99%以上の正確性を担保。妊娠検査キットの費用は$13(2回分)、排卵日予測検査キットは$17(7回分)。サブスクリプションにすることで20%割引される。購入したことが同居人にも分からないように目立たない封筒で郵送される上、返品先の住所にも「Stix」が含まれないようにプライバシーに配慮されている。ThirdLoveのCEOも投資するフェムテックスタートアップ。

2019年創業、本社はフィラデルフィア。Bertelsmann Digital Media Investments等から今回調達した$1.3Mは、チームの拡大に活用する予定。

3.「代替マグロ」Kuleana

[Biotechnology/フード] Kuleana
Seed ($0.13M) Y Combinator

植物性の生マグロを開発するフードテックスタートアップ。

鉄分や藻類の油、様々なタンパク質を独自にミックスすることで作られた代替マグロを開発中。寿司用の生マグロを再現することを目指している。すでにサンフランシスコとバルセロナで味覚テストを実施済みで、年内にも巻き寿司やポケ丼に利用される可能性もあるという。将来的にはマグロに加え、サーモンやその他の魚介類に代わるベジタリアン向け製品も開発予定。Y CombinatorのSummer2020にも参加している注目スタートアップ。

2019年創業、本社はサンフランシスコ。Y Combinator等から今回調達した$0.13Mは、引き続き開発費用に活用する予定。

4.「デジタル営業」Qualified.com

[Enterprise/営業] Qualified.com
Series A – II ($12M) Norwest Venture Partners, Redpoint Ventures, and Salesforce Ventures

リアルタイムのデジタル営業プラットフォーム。

自社のウェブサイトを訪問するビジター情報とSalesforceの顧客データベースを連携させることで、サイトを閲覧中の顧客(見込み客)を可視化してくれるプラットフォーム。リアルタイムに最適な営業担当者をアサインしたり、チャットや音声通話、画面共有等により即座にコンタクトをとることが可能。COVID-19の影響によりデジタルチャネルでの営業機会(会話)がより重要になっている。

Salesforceの元役員が2018年創業、本社はサンフランシスコ。Salesforce Ventures等から今回調達した$12Mは、サービスの拡大に活用する予定。

5.「オンデマンドメンタルヘルス」Ginger.io

[SaaS/ヘルスケア] Ginger.io
Series D ($50M) Bessemer Venture Partners, Kaiser Permanente Ventures, Jeff Weiner, Advance Venture Partners, and Cigna Ventures

オンデマンドのメンタルヘルスケアアプリ。

200時間以上に及ぶトレーニングを受けた行動療法コーチと数秒でチャットをしたり、資格を持つセラピストや精神科医と数時間以内にビデオ通話できるメンタルヘルスケアサービス。企業の福利厚生プランを通じて数十万人の従業員にメンタルヘルスサービスへのアクセスを提供し、何万ものアクティブユーザーを抱えている。Delta航空やSanofi、SurveyMonkeyなどを含む200社以上を顧客に持つ。MITメディアラボからのスピンアウト。

2011年創業、本社はサンフランシスコ。Bessemer Venture Partners等から今回調達した$50Mは、パートナーシップの拡大に活用する予定。

Scrum Connect Online なら、今回紹介した注目5社についてさらに詳しく知ることができます。スタートアップに精通した弊社のベンチャーキャピタリストに、スタートアップの詳細や資金調達状況、市場概況について日本語で質問できます。Scrum Connect Onlineは、独自の情報提供に加え、プロに相談でき、スタートアップと繋がれるプラットフォームです。

ブログの更新情報をメールでお届けしています。

米国のスタートアップトレンドやテック情報、スクラム主催のイベント情報をメールでお届けしています。お気軽にご登録ください。