今週の注目5社:子供教育動画 / 大麻ドリンク / オンデマンド倉庫 / 資本政策 / ライドシェア

May 20, 2019 by Scrum Funding News
TAG:

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「子供教育動画」StoryBots

[Contents/教育] StoryBots
NA by Netflix

子供向けの教育コンテンツ動画。

“Ask the StoryBots”の番組名で2016年からNetflixで配信開始。2019年後半にはシーズン3を配信予定。子供の素朴な疑問に対して5人のキャラクターが答えを探求する内容。現在190ヶ国、22ヶ国語に翻訳されており、既に10億回以上の再生回数を誇る。子供にとって望ましくないコンテンツや広告・ポップアップなどもないため、既に8万以上の教室で使われているという。2019年後半にディズニーのストリーミングサービス「Disney+」のローンチが予定されており、ますます競争が加速する模様。

2012年創業。今回Netflixが買収(買収額は非公表)。

2.「大麻ドリンク」K-Zen Beverages

[Commerce/ビバレッジ] K-Zen Beverages
Seed VC ($5M) DCM Ventures

大麻成分を含有した飲料。

レモンカモミール・ピンクレモネード・ワイルドベリーフレーバーの3種類のドリンク(ショット)を今夏に発売予定。ウェブサイトで消費者に直接販売するD2Cのビジネスモデルを想定。アメリカだけで2022年までに大麻を含んだ飲料の市場規模は$600Mに拡大する可能性があると言われており、今後も注目の市場。

2019年創業、本社はサンフランシスコ。DCM Venturesから今回調達した$5Mは、引き続き製品開発に活用する予定。

3.「オンデマンド倉庫」Flexe

[Marketplace/倉庫] Flexe
Series B ($43M) Activate Capital, Madrona Venture Group, Prologis Ventures, Redpoint Ventures and Tiger Global Management

倉庫の空きスペースを貸し出すマーケットプレイス。

”倉庫版Airbnb”とも言われ、利用業者はウェブサイトから倉庫の空きスペースを必要な時に予約するだけ。北米だけで1000ヶ所以上の倉庫ネットワークを持ち、翌日配送を実現。配送面でアマゾンと競うメーカーやブランドがターゲットで、CasperなどのD2C企業も多数活用しているという。WalmartやP&Gなどの大手企業も顧客に持つ。2018年の売上高は前年対比3倍に成長。

2013年創業、本社はシアトル。Tiger Global Management等から今回調達した$43Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

4.「資本政策」Carta

[SaaS/ファイナンス] Carta
Series E ($300M) Andreessen Horowitz, Goldman Sachs Principal Strategic Investments, Lightspeed Venture Partners, Menlo Ventures, Meritech Capital Partners, Thrive Capital, Tiger Global Management and Tribe Capital

資本政策管理プラットフォーム。

スタートアップのストップオプションやキャップテーブル・評価額などの資本政策を一元管理できる。既にRobinhood、Coinbase、Casperなどを顧客に持ち、$575Bのエクイティを管理しているという。直近の売上高は$55Mで、70万以上の株主、1.1万以上の企業・投資家に利用されている。今回の$300Mの大型調達でバリュエーションは$1.7Bとなり、ユニコーン企業の仲間入り。

2012年創業、本社はサンフランシスコ。Andreessen Horowitz等から今回調達した$300Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

5.「ライドシェア」Uber

[App/モビリティ] Uber
$8.1B @ $82B

ライドシェアサービス。

世界700都市でサービスを展開し、1日の配車回数は1400万回以上。ライドシェアサービスとフードデリバリーサービス「UberEats」を含む月間の平均アクティブユーザー数は2018年末時点で9100万人(競合Lyftの約5倍の規模)。2018年の売上高は前年比約42%増の$11.3B、損益は$3Bの赤字。今回ニューヨーク証券取引所に上場したが、公開価格$45に対し、初値$42と低調な滑り出し。同社が上場で新たに調達した資金は$8.1B。

2009年創業、本社はサンフランシスコ。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。