今週の注目5社:デジタル画像認証 / 熟練工スキル継承 / 母親向け求人プラットフォーム / 次世代ニッケル水素電池 / オンデマンド倉庫

September 29, 2021 by Scrum Funding News

一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、注目の米国スタートアップを5社厳選して紹介します。

1.「デジタル画像認証」TruePic

[SaaS/認証] TruePic
Series B ($26M) M12, Undisclosed Angel Investors, Adobe Systems, Hearst Ventures, and Sony Innovation Fund

写真や動画などのデジタル画像を検査・認証するプラットフォーム。

同社の「Truepic Vision」アプリを介して撮影された写真やビデオは、メタデータなどの「出所」データが検査・認証され、オリジナルコンテンツとして暗号化し保護される仕組み。そのため、対象となる受信者に届く前にデジタル画像が改ざんされるのを防ぐことができる。保険会社が保険金請求時の証拠写真をリモートで検証する際などに活用されている。2020年の売上高は昨年対比300%で急成長中。

2015年創業、本社はサンディエゴ。M12等から今回調達した$26Mは、製品開発およびチームの拡大に活用する予定。

2.「熟練工スキル継承」DeepHow

[SaaS/AI] DeepHow
Seed VC ($9M) Sierra Ventures, Qualcomm Ventures, Foothill Ventures, and Osage Venture Partners

熟練工のスキルを他の作業員にも継承するためのトレーニングビデオプラットフォーム。

熟練工のスキルをビデオに記録し、AI、自然言語処理、コンピュータービジョンなどを駆使することで、トレーニングツールとして編集してくれるプラットフォーム。ビデオ編集にかかる時間は従来のツールと比較し10分の1に削減可能。また、編集されたビデオは従業員にオンデマンドで提供され、地理的制約もなく大人数に迅速にノウハウを伝承できるという。製造業や建設業、機器のメンテナンスなどの現場で利用されている。

2018年創業、本社はデトロイト。Sierra Ventures等から今回調達した$9Mは、アジアなど海外展開の加速に活用する予定。

3.「母親向け求人プラットフォーム」The Mom Project

[Service/HR] The Mom Project
Series C ($59M) Grotech Ventures, Initialized Capital, and 7 Global Capital

母親向けの職場復帰支援サービスを提供するフェムテックスタートアップ。

子育てなどで一時的に休職・退職する母親の職場復帰を支援する求人プラットフォーム。スキルのある多様な人材がライフステージに合わせて柔軟に働くことができるようにリモート、パートタイム、フルタイムなど様々な雇用機会が用意されている。また、レジュメの作成支援や就職活動のサポート、コミュニティ運営など包括的なサービスも提供。すでにDelta、Nike、Facebookなどの多数のグローバル企業を顧客に持つ。

2015年創業、本社はシカゴ。Initialized Capital等から今回調達した$59Mは、サービスの拡大に活用する予定。

URL
https://themomproject.com/
https://techcrunch.com/2020/07/01/the-mom-project-raises-25m-for-its-job-site-aimed-at-women-returning-to-work/

4.「次世代ニッケル水素電池」EnerVenue

[HW/サステナビリティ] EnerVenue
Series A ($100M) Schlumberger, and Saudi Aramco Energy Ventures

再生可能エネルギー向けのニッケル水素電池。

大規模な再生可能エネルギーを低コストで貯蔵可能なニッケル水素電池を開発するクリーンテックスタートアップ。当社のニッケル水素電池は、メンテナンスもほとんど必要ない上、温度変化に強く耐久性が高いため寿命が長い点が特徴。今回、エネルギー業界最大手の2社Schlumberger、Saudi Aramcoから大型資金を調達したことでも注目を集めている。

本社はフリーモント(カリフォルニア州)。Schlumberger等から今回調達した$100Mは、製造設備の拡大に活用する予定。

5.「オンデマンド倉庫」STORD

[SaaS/物流] STORD
Series D ($95M) Kleiner Perkins Caufield & Byers

オンデマンド倉庫を提供する物流プラットフォーム。

ローカルの倉庫・配送業社と提携することで、顧客企業にバーチャル物流センター機能を提供するプラットフォーム。全米に張り巡らされた同社の物流ネットワークを利用すると米国内であれば2日以内に商品を配送可能という。今回の資金調達によるバリュエーションは$1.125Bでユニコーン企業の仲間入り。創業者はピーター・ティールが設立した若手起業家育成プログラムThiel Fellowshipにも選ばれている。

2015年創業、本社はアトランタ。KPCB等から今回調達した$95Mは、サービスの拡大に活用する予定。

Scrum Connect Online なら、今回紹介した注目5社についてさらに詳しく知ることができます。スタートアップに精通した弊社のベンチャーキャピタリストに、スタートアップの詳細や資金調達状況、市場概況について日本語で質問できます。Scrum Connect Onlineは、独自の情報提供に加え、プロに相談でき、スタートアップと繋がれるプラットフォームです。

ブログの更新情報をメールでお届けしています。

米国の注目スタートアップ情報 テックトレンド スクラムベンチャーズの投資先インタビュー
などをブログで発信しています。合わせてメールでもお届けしていますので、お気軽にご登録ください。

ニュースレター登録

でも情報発信しています。