今週の注目5社:不揃い野菜EC / 自動運転トラクター / パーソナル支出管理アプリ / 出張管理SaaS / マルチクラウドセキュリティ

February 3, 2021 by Scrum Funding News

一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白い米国のスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「不揃い野菜EC」Imperfect Foods

[Commerce/フード] Imperfect Foods
Series D ($95M) Insight Partners, and Norwest Venture Partners

規格外の野菜をオンラインでディスカウント販売するサービス。

形・サイズ・色は規格外だが、味や品質は問題のない高品質な農産物・肉・乳製品を最大30%割引の値段で提供するECサイト。数百のアイテムを取り揃え、サブスクリプションで自宅まで郵送してくれるため、買い物の手前(時間)も省ける。また、これまで廃棄されてきた食料品を手頃な価格で流通させることで、フードロス削減にも寄与。すでに40万人以上のユーザーを獲得し、2020年の売上高は$500Mを超えるという。

2015年創業、本社はサンフランシスコ。Insight Partners等から今回調達した$95Mは、自社製品の拡充などに活用する予定。

2.「自動運転トラクター」Bear Flag Robotics

[HW/ロボット] Bear Flag Robotics
Seed VC-II ($7.9M) AgFunder, D20 Capital, Graphene Ventures, Green Cow Venture Capital, and True Ventures

農業向けの自動運転トラクターの開発。

カメラやLiDAR、Radarが搭載された自動運転トラクター。オペレーターは、ソフトウェアでトラクターを遠隔からモニタリングし、必要に応じて移動などのコントロールが可能。また、エンジンの状況や作業終了までの時間などもリアルタイムで把握できる。トラクターは購入またはレンタルでき、1エーカーあたりの使用面積に対して課金される仕組み。2018年のY Combinatorの卒業生。

2017年創業、本社はニューアーク(カリフォルニア州)。True Ventures等から今回調達した$7.9Mは、チームの拡大に活用する予定。

3.「パーソナル支出管理アプリ」Brigit

[App/金融] Brigit
Series A ($35M) Lightspeed Venture Partners, DCM Ventures, Shasta Ventures, Canaan Partners, CRV, DN Capital, Core Innovation Capital, Hummingbird Ventures, Brooklyn Bridge Ventures, Nyca Partners, Sound Ventures, Abstract Ventures, Secocha Ventures, and Flourish Ventures

口座残高をリアルタイムでモニタリングしてくれるパーソナルアシスタント。

ユーザーは銀行口座をアプリに登録すると、過去2年間のキャッシュフローデータを分析し、口座残高がマイナス(オーバードラフト)となる可能性があると判断した際は(審査なし・無利子で)最大$250まで口座に振り込んでくれる。そのため、当座貸越手数料の支払いを回避可能。フリーミアムモデルで、月額$9.99のプランを提供。すでにユーザーは150万人以上おり、1ユーザー辺り年間平均$514を節約できるという。

2017年創業、本社はニューヨーク。Lightspeed Venture Partners等から今回調達した$35Mは、チームおよびサービスの拡大に活用する予定。

4.「出張管理SaaS」TripActions

[Service/出張] TripActions
Series E ($155M) Lightspeed Venture Partners, Andreessen Horowitz, Elad Gil, Greenoaks Capital Management, Zeev Ventures, and Addition

出張の手配・支払・経費精算がシームレスにできるオールインワンプラットフォーム。

航空券の予約やキャンセル・変更などの出張手配、支払に使うコーポレートカードおよび経費精算処理をワンストップで管理できるプラットフォーム。24時間365日、無制限にチャットや電話などでサポートを受けることも可能。LyftやZoomなど、すでに4000社以上の顧客を持つ。COVID-19の影響により数百人規模のレイオフを行ったが、企業の出張は復調傾向にあるとのことで、バリュエーションは前回ラウンド時の$40Bから$50Bにアップしているという。

2015年創業、本社はパロアルト(カリフォルニア州)。Andreessen Horowitz等から今回調達した$155Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

5.「マルチクラウドセキュリティ」Valtix

[Enterprise/セキュリティ] Valtix
Series B ($12.5M) Trinity Ventures, Northgate Capital, Wing Venture Capital, Cisco Investments, Vertex Ventures, and The Syndicate Group

マルチクラウド対応のネットワークセキュリティプラットフォーム。

ユーザーセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、アプリファイアウォール、侵入検知・防止、マルウェア保護、データ漏洩をはじめとしたパブリッククラウド向けのワンストップセキュリティプラットフォーム。Microsoft Azure, AWS, Google Cloudに対応している点が特徴。Ciscoとの戦略的パートナーシップも発表。

2018年創業、本社はサンタクララ(カリフォルニア州)。Cisco Investments等から今回調達した$12.5Mは、マーケティングに活用する予定。

Scrum Connect Online なら、今回紹介した注目5社についてさらに詳しく知ることができます。スタートアップに精通した弊社のベンチャーキャピタリストに、スタートアップの詳細や資金調達状況、市場概況について日本語で質問できます。Scrum Connect Onlineは、独自の情報提供に加え、プロに相談でき、スタートアップと繋がれるプラットフォームです。

ブログの更新情報をメールでお届けしています。

米国の注目スタートアップ情報 テックトレンド スクラムベンチャーズの投資先インタビュー
などをブログで発信しています。合わせてメールでもお届けしていますので、お気軽にご登録ください。

ニュースレター登録

でも情報発信しています。