今週の注目5社:シェアキッチン / 自動運転建機 / ポッドキャスト作成ツール / Web制作ツール / バックグラウンドチェック

September 30, 2019 by Scrum Funding News
TAG:

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「シェアキッチン」Kitchen United

[Service/ファシリティ] Kitchen United
Series B ($40M) DivcoWest, Fidelity Investments Canada, G Squared, Google Ventures and RXR Realty

倉庫型の大型シェアキッチンサービス。

冷蔵庫や厨房など調理に必要な設備が備え付けられたシェアキッチンスペース。1センターあたり15店程度のレストランを収容でき、自前で不動産を抱えることなくデリバリー・テイクアウト専用の新店舗を構えることが可能。また、人気メニューや消費者のトレンドなどデータ分析サービスも提供。現在、パサデナ・シカゴにセンターを構えており、今後全米に400センターからなる5000以上のシェアキッチンスペースを構築予定。

2017年創業、本社はパサデナ(カリフォルニア州)。Google Ventures等から今回調達した$40Mは、引き続き、サービスエリアの拡大に活用する予定。

2.「自動運転建機」BUILT Robotics

[HW/ロボット] BUILT Robotics
Series B ($33M) Building Ventures, Founders Fund, Lemnos, New Enterprise Associates, next47 and Presidio Ventures

建設機械向けの自動運転システム。

ブルドーザーやショベルカー、採掘機などの建機上部にGPS、カメラ、LIDARなどのセンサーを備えた自動運転キットを取り付けるだけ。後は、1人のオペレーターが自動稼働する複数の建機を監視し、人間が必要なタスクに限りマニュアルでサポートする仕組み。自動運転キットの販売および、自動運転モードの稼働時間に応じて課金する。Siemensの投資部門であるnext47などが出資。

2016年創業、本社はサンフランシスコ。next47等から今回調達した$33Mは、引き続きチームの拡大および開発費用に活用する予定。

3.「ポッドキャスト作成ツール」Descript

[SaaS/ポッドキャスト] Descript
Series A ($15M) Andreessen Horowitz and Redpoint Ventures

ポッドキャスト向けのコンテンツ作成ツール。

音声のテキスト化やテキストの編集だけでなく、編集した文章も自動で音声に変換してくれる。ドラッグ&ドロップで音楽や効果音も追加したり、リアルタイムで複数のメンバーが編集・コメントできるコラボレーション機能も提供。サブスクリプションモデルで、月額10ドルから利用可能(無料プランもあり)。Grouponの元CEOであるAndrew Masonが創業したことでも注目されている。

2017年創業、本社はサンフランシスコ。Andreessen Horowitz等から今回調達した$15Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

4.「Web制作ツール」Automattic

[SaaS/Web] Automattic
Series D ($300M) Salesforce Ventures

オープンソースのWeb制作ツール「WordPress」を運営。

HPやBlogを作成できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)で、世界中のトップWebサイト1000万サイトの内、34%がWordPressで作成されているという。8月にはBlogサイト「Tumblr」も買収している。他にも、テキストベースのメモアプリ「Simplenote」やアンケート作成ツール「Crowdsignal」など様々なサービスを展開。調達後のバリュエーションは$3B。

2005年創業、本社はサンフランシスコ。Salesforce Ventures等から今回調達した$300Mは、新製品の開発に活用する予定。

5.「バックグラウンドチェック」Checkr

[SaaS/HR] Checkr
Series D ($160M) Accel, Bond Capital, Coatue Management, Institutional Venture Partners, T. Rowe Price and Y Combinator

採用時のバッググランドチェックサービス。

AIと機械学習を活用して応募者のバッググランドチェックを簡易にできるプラットフォーム。ギグエコノミーの広がりを受け、犯罪履歴・薬物使用歴・運転履歴・職務履歴・学歴・クレジットカードの利用歴などの情報を平均2日程度でレポートにまとめてくれる。Uber、Instacart、Grubhub、Lyftなどシェアリングサービスをはじめとする1万社以上の顧客が利用しており、照会件数は4200万回以上にのぼるという。バリュエーションは$2.2B。

2014年創業、本社はサンフランシスコ。T. Rowe Price等から今回調達した$160Mは、引き続きチームおよび海外展開の拡大に活用する予定。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。