消費者向けIoT200社レポート。IoTの全体像を俯瞰する。

September 8, 2015 by Tak Miyata

2025年には年間3.9兆ドルから11.1兆ドルの経済インパクトがあると予想されているIoT(Internet of Things:モノのインターネット)。

最近非常によく聞くキーワードだと思いますが、非常に幅広く、なかなか全体像を捉えにくいジャンルです。

今年に入り、スクラムベンチャーズにもたくさんのIoT関連の調査のお問い合わせをいただいていることから、今回「消費者向けIoT」について、約200社を網羅したレポートを作成しました。

冒頭図はその200社のロゴをカテゴリー別に配置したロゴマップです。拡大図はこちら

ウェアラブルなどの「パーソナル」なもの、料理やガーデニングなど「ライフスタイル」に変化を与えるもの、セキュリティやモニタリングなど「家」をコントロールするもの、私たちの暮らしを取り巻くプロダクト約200種をピックアップし、カテゴリー分けしました。

この中から、特徴的なプロダクトを3つピックアップして、どんな風に暮らしが変わるのか?ご紹介します。

SCANADU [Personal > Health]


スタートレックの医療用Tricorderとも言われるこのプロダクト。体温、血圧、心拍数を計測できる手のひらサイズのボディスキャナを使って、体調が悪い時にも病院に行くことなく自分の病状を知ることができます。

カメラ付きで、体の異常を写真に撮ると、データベースから類似の症例を提示して くれるような機能も備わっています。さながら「スマート家庭の医学」といったところでしょうか。現在デバイスは開発中ですが、発売されれば病院いらずの未来が来るのかもしれません。

grove [Lifestyle > Gardening]


太陽の光なしで育つ、スマート屋内家庭菜園。LEDライトを使って、屋内で家庭菜園を実現しています。水やりやライティングなど、家庭菜園の環境をスマートフォンから操作することが可能なので、Groveがあれば、世界中のどんな環境でも新鮮な野菜を育てることができるようになります。

将来は一家に一台、冷蔵庫の横に家庭菜園があるのかもしれません。家で育てるので、生産地も明確。こちらの商品はこの冬にリリース予定です。

Canary [Connected Home > Security]

スマートホームセキュリティ。スマートフォンから操作できるセキュリティデバイスです。HDカメラ、マイク、動作感知、ナイトビジョン、サイレン、温度計などが搭載されており、異常があった時にスマートフォンに警告を送ってくれま す。

不審な動きがあった場合は、その瞬間を録画した動画も合わせて送付されるので、状況把握がしやすい仕組みになっています。こちらはすでに$250で販売中。高額なホームセキュリティは不要になるかもしれませんね。

この他にも、ネットでレシピを検索して調理してくれる電子レンジ(MAID Oven)、弾き方を教えてくれるギター(incident gtar)、音楽に合わせて照明が変わる電球(LIFX)など、たくさんのIoTが開発されています。

今や空気と同じようにインターネットが存在する時代、こういったIoTを利用者としてもサービス提供者としても、うまく活用していきたいです。

スクラムベンチャーズでは、このようなIoTプロダクト全277種類をまとめたレポート「IoT for Consumerレポート」を販売しております。詳しくはこちらのページをご確認ください


資金調達

「オンデマンド駐車」のZIRX、「中古車マーケットプレイス」のShift Technologies、「インテリアデザイナーマーケットプレイス」のLaurel & Wolfなどが新たに資金調達しました。ZIRXは、車を駐車したいときにスマホで呼ぶと代わりに人が停めてきてくれるサービス。今回BMWから出資を受けて、将来自動車に組み込むとの噂も。Shift Technologiesは、中古車のマーケットプレイス。修理、チューンナップやオンデマンドの試乗など付加価値サービスが特徴。

[Commerce/オンデマンド] ZIRX
Series B – II (N/A) BMW i Ventures
「オンデマンド駐車」

[Marketplace/自動車] Shift Technologies
Series B ($50M) DCM Ventures, DFJ, Goldman Sachs
「中古車マーケットプレイス」

[Marketplace/家] Laurel & Wolf
Series B ($25M) Benchmark Capital
「インテリアデザイナーマーケットプレイス」

[Ad/パーソナリゼーション] LiftIgniter
Seed VC – II (N/A) Data Collective, Khosla Ventures, Y Combinator
「アドパーソナリゼーションテクノロジー」

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。