今週の注目5社:自動歯磨きロボット / オンデマンド高齢者ケア / デジタル歯科クリニック / 仮想通貨取引所 / 医師向け音声アシスタント

April 28, 2021 by Scrum Funding News
TAG:

一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白い米国のスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「自動歯磨きロボット」Willo

[HW/オーラルケア] Willo
Series B ($17M) Kleiner Perkins Caufield & Byers, Bpifrance, and Incite Ventures

子供向けの自動歯磨きロボット。

ハンドルを握りマウスピースを口にくわえてボタンを押すだけでシリコン製のマウスピースが振動し、自動で歯磨きをしてくれる。歯磨き粉や口をすすぐ必要もない。価格は$199で、毎月$13を支払うと洗浄用のリンスポッドや子供の成長に合わせた新しいマウスピースを受け取ることができる仕組み。また、親はアプリで子供の歯磨きの状況を確認することもできるという。

2014年創業、本社はニューヨーク。KPCB等から今回調達した$17Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

2.「オンデマンド高齢者ケア」Papa

[Service/シニアテック] Papa
Series C ($60M) Tiger Global Management

サポートを必要とする高齢者と若者を繋ぐアプリ。

病院や銀行などへの送迎、家事や日用品の買い物サポート、スマホやSNSなどの使い方の指南、話し相手など、サポートを必要とする高齢者と若者を繋ぐマッチングアプリ。「Papa Pal」と呼ばれる介護者は1時間あたり最大$15を稼ぐことができる。新型コロナウイルスによる高齢者の孤立や孤独で需要が急拡大し、前年対比600%で成長しているという。80社以上の保険会社とも提携している。

2017年創業、本社はマイアミ。Tiger Global Management等から今回調達した$60Mは、サービスの拡大に活用する予定。

3.「デジタル歯科クリニック」Tend

[Service/歯医者] Tend
Series C ($125M) Google Ventures, Redpoint Ventures, Juxtapose, Zigg Capital, and Addition

最先端のテクノロジーを活用した歯科クリニック。

歯科検診・矯正歯科・インプラント・ホワイトニングなどの様々なサービスを提供。柔軟な予約システムや価格の透明性だけでなく、スタイリッシュで居心地の良い空間に静音設計の治療用ドリルを使用したり、麻酔の味も改良するなど患者の不安感を和らげるための工夫が凝らされている。また、好きなNetflixの番組や好みのアロマなども用意してくれる。直近では治療に加え、歯磨き粉や電動歯ブラシなどのオーラルケア製品も販売開始。2019年10月にサービスをローンチ以降、急成長しており、すでに20,000人以上の患者にサービスを提供。

SmileDirectClubの元CEOが2018年に創業、本社はニューヨーク。Google Ventures等から今回調達した$125Mは、全米へのサービスエリア拡大に活用する予定。

4.「仮想通貨取引所」Coinbase

[Marketplace/仮想通貨] Coinbase
IPO

ビットコインなどの仮想通貨取引所。

ユーザーは会員登録し、銀行口座を登録するだけでものの数分でビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の売買取引を開始できる。また、Walletアプリを通じて、デジタル資産を一箇所で管理できる機能も提供。100カ国以上に約5,600万人のユーザーを抱え、四半期毎の取引額は$335Bを超える最大規模の取引所。売買時の手数料を徴収する仕組み。

2012年創業、本社はサンフランシスコ。今回資金調達を伴わない直接上場(ダイレクト・リスティング)による形でナスダックに上場。

5.「医師向け音声アシスタント」Nuance Communications

[Enterprise/対話型AI] Nuance Communications
$19.7B by Microsoft

医療機関向けの音声アシスタントプラットフォーム。

医師の問診での会話を自動でテキスト化してEHR(電子カルテ)に書き込むバーチャルアシスタント機能など、様々な音声認識サービスを提供する対話型AIプラットフォーム。AthenaHealth, Johns Hopkinsをはじめ、55万人もの臨床医を抱える1万以上の医療機関で利用されている。Appleの音声アシスタント「Siri」の基になる技術を提供したことでも知られる。今回の買収を通じ、Microsoftはヘルスケア業界向けのクラウド戦略を推進するという。

本社はバーリントン(マサチューセッツ州)。今回Microsoftに$19.7Bで買収された。

Scrum Connect Online なら、今回紹介した注目5社についてさらに詳しく知ることができます。スタートアップに精通した弊社のベンチャーキャピタリストに、スタートアップの詳細や資金調達状況、市場概況について日本語で質問できます。Scrum Connect Onlineは、独自の情報提供に加え、プロに相談でき、スタートアップと繋がれるプラットフォームです。

ブログの更新情報をメールでお届けしています。

米国のスタートアップトレンドやテック情報、スクラム主催のイベント情報をメールでお届けしています。お気軽にご登録ください。

でも情報発信しています。