今週の注目5社:ラグジュアリーファッション / スマート監視カメラ / リアリスティックアバター / ヘルシーソーダ / プライマリケア

February 10, 2020 by Scrum Funding News
TAG:

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白い米国のスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「ラグジュアリーファッション」Moda Operandi

[Commerce/アパレル] Moda Operandi
Series F-II ($100M) Apax Partners, Comerica, New Enterprise Associates, Santo Domingo and TriplePoint Capital

ラグジュアリーファッションのECサービス。

トップブランドなどの最新コレクションをファッションショーのすぐ後にプレオーダーできるECサービス。アパレルに加え、高級ジュエリーやインテリア用品も取り扱い、既に1000以上のブランドやデザイナーの商品を125カ国で販売している。今後は、顧客のプレオーダーに基づくトレンドや在庫予測などのデータ分析を強化する模様。LVMHなどのファッションブランドも出資している。

元VOGUEの編集者が2010年に創業、本社はニューヨーク。NEA等から今回調達した$100Mは、引き続き開発およびサービスの拡大に活用する予定。

2.「スマート監視カメラ」Verkada

[HW/セキュリティ] Verkada
Series C ($80M) Felicis Ventures, Meritech Capital Partners, next47 and Sequoia Capital

企業向けのセキュリティカメラとクラウド管理システム。

複数の監視カメラの映像をスマホ一台で監視可能。人の動きなどを検知した際に知らせてくれるモーションアラート機能や、ライブ映像を確認できるライブリンク機能などを持つ。また、監視カメラの映像をリアルタイムで分析し、人や車などで迅速に検索・フィルタリングができる機能も提供。現在、2500社が導入しており、売上高は昨年対比3倍に成長。調達後のバリュエーションは$1.6Bでユニコーン企業の仲間入り。

2016年創業、本社はサンマテオ(カリフォルニア州)。Felicis Ventures等から今回調達した$80Mは、新システムの開発に活用する予定。

3.「リアリスティックアバター」Forma

[App/アパレル] Forma
Seed VC ($7M) Founders Fund and GSR Ventures

フォトリアリスティックアバターを作成するアプリ。

独自のコンピュータービジョンとグラフィック技術を活用し、通常の顔写真から自分のフォトリアリスティックアバターを作成できる。本アプリを利用することで、例えば、ECサイトで購入を検討している際にデジタル上で試着ができる。すでに数百の小売業者と提携。将来的には、ビデオゲームや映画、VR、ビデオ会議などでのリアリスティックアバターの活用を目指している。

Uber、Intel、Stanfordのメンバーが2017年に創業、本社はサンフランシスコ。Founders Fund等から今回調達した$7Mは、コンピュータービジョン技術への投資および製品開発に活用する予定。

4.「ヘルシーソーダ」OLIPOP

[Biotechnology/飲料] OLIPOP
Series A ($10M) Boulder Food Group, Collaborative Fund, Dohler, Finn Capital Partners, Monogram Capital Partners and Rocana Venture Partners

腸内環境を整える成分を含有する健康炭酸飲料メーカー。

腸内細菌のバランスを整えるプレバイオティクス炭酸飲料で、1缶には8種類の植物由来成分と9gの食物繊維が含有されている。ストロベリーバニラ、シナモンコーラ、ジンジャーレモンなどのフレーバーに加え、ルートビアも展開。価格は12缶パックあたり$44.99から。現在、オンラインでの販売に加え、Whole FoodsやBristol Farmsなどで販売されており、今後も取扱店舗を拡大する予定。

2017年創業、本社はオークランド(カリフォルニア州)。Collaborative Fund等から今回調達した$10Mは、販売およびマーケティングチームの拡大に活用する予定。

5.「プライマリケア」One Medical Group

[Service/ヘルスケア] One Medical Group
$262.5M

会員制のプライマリ・ケアサービス。

テクノロジーを活用したプライマリケアサービスを提供。年額$199を支払い会員になると、24時間対応のバーチャルケア(オンライン診療)や専門クリニックの予約などの様々なサービスをシームレスに受けられる。風邪などの病気だけでなく、慢性疾患やメンタルヘルスなどにも対応している。Googleの社内をはじめ現在77拠点を展開し、40万人近い会員数を持つ。

2007年創業、本社はサンフランシスコ。今回ナスダックに上場し、初日の時価総額は$2.7Bに到達。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。