今週の注目5社:仮想通貨ローン / プライベートジェットアプリ / 食品デリバリー / デジタルPLM / 在庫最適化プラットフォーム

August 19, 2019 by Scrum Funding News
TAG:

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「仮想通貨ローン」BlockFi

[Service/ファイナンス] BlockFi
Series A-II ($18.3M) Akuna Capital, Avon Ventures, CMT Digital, ConsenSys Ventures, Fidelity Ventures, Galaxy Digital, Morgan Creek Digital, PJC, Susquehanna Growth Equity, Valar Ventures and Winklevoss Capital

仮想通貨を担保にUSドルを借り入れできるサービス。

ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど、保有する仮想通貨を担保にUSドルのローン(利子4.5%〜)が組めるサービス。借入額の上限は保有する仮想通貨の価値の50%。価値変動を24時間監視し、価格が下落した際には担保の仮想通貨を売却するなどの措置も取られる。また、仮想通貨を預金として預けることもでき、金利はビットコインの場合、最大で年率6.2%。月間売上高は年初(1月)と比較して10倍に急成長し、今年度の年間売上高は$10Mを上回る想定という。日本からはリクルートが出資。

2017年創業、本社はニューヨーク。Valar Ventures等から今回調達した$18.3Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

2.「プライベートジェットアプリ」Wheels Up Partners

[Service/航空] Wheels Up Partners
Unattributed-III ($128M) Fidelity Investments and T. Rowe Price

会員制のプライベートジェットサービス。

アプリで簡易に8人乗りのチャーター機を予約できる。価格は入会金$2,995、年会費$2,495(2年目から)に加え、フライト代を支払う仕組み。アプリには他の会員とのソーシャル機能(チャット機能など)があり、同じ出張先やイベントなど、行き先が同じ場合にフライトをシェアすることでコストを抑えることができる。既に北米に6,000人以上の会員を持つ。バリュエーションは、$1.1Bでユニコーン企業の仲間入り。

2013年創業、本社はニューヨーク。T. Rowe Price等から今回調達した$128Mは、デジタル投資に活用する予定。

3.「食品デリバリー」dumpling

[Service/デリバリー] dumpling
Seed VC ($3M) Floodgate and Fuel Capital

食品デリバリーの起業支援サービス。

食品デリバリーなどの買物代行サービスを提供する労働者が、個人事業主のような形で独立(フランチャイズ化)するのを支援してくれるプラットフォーム。自ら定額のデリバリーフィーを設定できる上、質の高いサービスを提供することでリピーターも獲得できる。ユーザーからは肉や魚などの生鮮食品の依頼も多く、Instacartなどのプラットフォームを利用するよりも、一回の買物代行で得られる金額は平均2〜3倍という。

2017年創業、本社はバークレー。Floodgate等から今回調達した$3Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

4.「デジタルPLM」Backbone PLM

[SaaS/D2C] Backbone PLM
Series A-II ($10M) Foundry Group

D2Cブランド向けのPLM(製品ライフサイクル管理)プラットフォーム。

製品の設計・開発・生産までの一連の情報を一元管理できる次世代型のワークフロープラットフォーム。製品データやコスト、社内外のコミュニケーションも全て本プラットフォーム上で完結するため、デザインの変更による生産調整などにも即座に対応可能。製品の市場投入が従来よりも10倍早くなるという。現在、Allbirds、Warby Parker、Outdoor Voices、Kithなど150社以上を顧客に持つ。

2014年創業、本社はボルダー(コロラド州)。Foundry Group等から今回調達した$10Mは、開発費用および採用に活用する予定。

5.「在庫最適化プラットフォーム」Celect

[SaaS/リテール] Celect
NA by Nike

AIを活用した需要予測で「在庫管理を最適化」するプラットフォーム。

消費者の購買行動や購買データを解析し、 独自の需要予測で在庫管理を効率化してくれる。小売店やブランドの倉庫・店舗・オンラインも含めたオムニチャネル全体の在庫管理を最適化する。NikeはCelectを活用してデータドリブンな消費者行動分析に基づいた需要予測を強化する予定。チームはNikeのグローバルオペレーションチームに統合されるという。

2013年にMITの教授2名によって創業された。本社はボストン。今回Nikeに買収された。買収額は非公表。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。