今週の注目5社:スリッパD2C / バッテリーなしセンサー / 培養肉 / ペットフードD2C / スマートウォッチ

January 29, 2019 by Scrum Funding News
TAG:

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「スリッパD2C」Birdies

[Commerce/スリッパ] Birdies
Series A ($8M) Forerunner Ventures, Norwest Venture Partners and Slow Ventures

スリッパのD2C。

高級スリッパのオンライン販売サービス。エレガントなデザインが特徴で、メーガン妃(メーガン・マークル)も愛用しているという。ベーシックモデルの価格は$120からで、最近ではリゾートスリッパも$95で販売開始。送料は無料で、30日間は返品や交換可能。ウェイトリストは最大3万人に達するとも言われており、2019年の売上高は前年比5倍の成長を遂げる見込み。

2015年創業、本社はサンフランシスコ。Norwest Venture Partners等から今回調達した$8Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

2.「バッテリーなしセンサー」Wiliot

[HW/半導体] Wiliot
Series B ($30M) 83North, Amazon, Avery Dennison, Grove Ventures, Merck Ventures, Norwest Venture Partners, Qualcomm Ventures and Samsung Ventures

バッテリーなしでBluetooth通信可能なチップ。

ステッカーサイズのセンサーチップ。周囲にある携帯やWiFi、Bluetooth機器などが発する微弱な電波を利用して作動するため、バッテリーなしで使用可能。現状、「温度・位置・気圧」を測定し、クラウド上にデータを送信できる。まずは、アパレル業界に対し、衣料品の製造から販売までのトラッキングサービスを開始するという。まだ商用化されていないが、バリュエーションは$120Mとも言われている。

2017年創業、本社はサンディエゴとイスラエル。Amazon等から今回調達した$30Mは、チップの製造に活用する予定。

3.「培養肉」Fork & Goode

[Others/フード] Fork & Goode
Unattributed VC ($3.54M) Collaborative Fund

動物の細胞から豚肉を作るスタートアップ。

牛や鶏などから採取されたごくわずかな細胞をベースとして、ラボで培養される動物の組織。「細胞ベース肉(Cell-based Meat)」とも呼ばれ、現在アメリカでも分類や技術・規制に関して議論がなされている。ステルスモードのため詳細は明かされていないが、注目されている「細胞ベース肉」スタートアップの一つ。

2018年創業。Collaborative Fund等から今回調達した$3.54Mは、引き続き製品開発に活用する予定。

4.「ペットフードD2C」The Farmer’s Dog

[Commerce/ペットフード] The Farmer’s Dog
Series B ($39M) Forerunner Ventures, Insight Venture Partners and Shasta Ventures

ペットフードのD2C。

人間も食べることができるヘルシーな食材で作られたペットフード。防腐剤などは使わずフレッシュな状態でデリバリーされる。個々のペット用にカスタマイズも可能。サブスクリプションモデルで、価格は小型犬であれば1日$3以下から始められる。既に、毎月100万食以上を届けているという。また、約半分のユーザが1年以上使い続けており、Retention率も高い。2017年のアメリカのペット市場$70Bの内、最大のシェアをしめるのが、ペットフード(約42%)だという。

2014年創業、本社はブルックリン(ニューヨーク州)。Insight Venture Partners等から今回調達した$39Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

5.「スマートウォッチ」Fossil

[HW/スマートウォッチ] Fossil – Smartwatch
40M by Google

Fossilのスマートウォッチテクノロジー。

ライフスタイル製品のデザインなどを手掛ける「Fossil Group」のスマートウォッチ関連技術。今回Googleがスマートウォッチに関する知的財産を$40Mで買収し、ウェアラブルデバイスの開発を強化するという。Fossilの研究開発チームはGoogleに移籍。Fossilは2015年にスマートウォッチ事業を強化するために、Misfitを$260Mで買収している。

1984年創業、本社はテキサス。今回Googleが$40Mで、スマートウォッチ技術の知的財産を買収した。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。