今週の注目5社:スクーターシェア / アスレジャーD2C / デリバリーコンビニ / 授業管理プラットフォーム / ニュースアプリ

March 29, 2018 by Scrum Funding News
TAG:

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「スクーターシェア」Bird Rides

[App/モビリティ] Bird Rides
Series B ($100M) Craft Ventures, Goldcrest Capital, Index Ventures, Tusk Ventures, Upfront Ventures and Valor Equity Partners

電動スクーターのシェアリングサービス。

アプリで近隣にある電動スクーターを予約・解錠し、持参したヘルメットを装着して乗るだけ。ドッグレスのため目的地で乗り捨てできる。価格は一回1$から。現在、サンタモニカとサンディエゴでサービスを展開中。昨年9月にローンチ以来、既に50万回以上乗車されているとのこと。前回の調達(2月に$15M調達)から1ヶ月も経たずに$100Mを調達し、時価総額は$300Mとも言われている。

UberとLyftで役員を勤めたTravis VanderZadenが2017年に創業、本社はサンタモニカ。Upfront Ventures等から今回調達した$100Mは、サービスエリアを年内に50都市に広げるために活用する予定。

2.「アスレジャーD2C」Outdoor Voices

[Commerce/アパレル] Outdoor Voices
Series C ($34M) Google Ventures

アスレジャーのD2C。

ジムワークにも日々の生活にも活用できるアスレジャーブランドで、柔軟性の高い機能とシンプルなデザインが特徴。Gwyneth Paltrowなど、セレブにも愛用されている。価格は、ハイウエストのレギンスなどが80〜95ドルで購入できる。現在、ニューヨーク・カリフォルニア・テキサス・コロラドなどに7店舗を展開し、年内に新たに5店舗出店する予定とのこと。Lululemonも脅かす存在として注目されている。

2014年創業、本社はオースティン(テキサス州)。Google Ventures等から今回調達した$34Mは、店舗の拡大に活用する予定。

3.「デリバリーコンビニ」Foxtrot

[Commerce/食品] Foxtrot
Series A ($6M) BoxGroup, Collaborative Fund, Fifth Wall Ventures, Lerer Hippeau Ventures, M3 Ventures, Maveron, Revolution and University of Chicago

デリバリー付きのコンビニエンスストア。

コンビニとデリバリーを組み合わせた新しいリテール店舗。商品はクラフトビール、ワイン、スピリッツ、食品、日用品など最低限の品揃え。地元企業の製品を優先して取り扱う。現在、シカゴ市内に4つの実店舗を持ち、市内であればアプリで1時間以内に商品を配達してくれる。配達価格は一律5ドル。売上は昨年対比250%成長しているとのこと。

2013年創業、本社はシカゴ。デリバリースタッフも含め、従業員は現在60名。Fifth Wall Ventures等から今回調達した$6Mは、サービスエリアの拡大に活用する予定。

4.「授業管理プラットフォーム」Kiddom

[SaaS/教育] Kiddom
Series B ($15M) Khosla Ventures and Owl Ventures

パーソナライズド・ラーニング用の学習管理プラットフォーム。

先生と生徒が相互に連携しながら学習状況を把握できるプラットフォーム。対象はK-12(幼稚園から高校まで)。先生は質の高いコンテンツを探したり、各生徒の学習状況を分析したりできる。生徒は各クラスの課題や期限、成績や先生からのフィードバックをリアルタイムで把握できる。既に数十万もの教室で使用されており、月間のユーザー数も30%以上伸びているとのこと。

2013年創業、本社はサンフランシスコ。Owl Ventures等から今回調達した$15Mは、年末までに人員を倍増するために活用する予定。

5.「ニュースアプリ」theSkimm

[App/ニュース] theSkimm
Series C ($12M) 21st Century Fox, Google Ventures, Homebrew, RRE Ventures and Sara Blakely

最新のニュースやポップカルチャーの情報を配信するアプリ。

ミレニアム世代の女性向けに、厳選されたニュースを配信するサービス。毎朝6時に5分以内に読めるニュースレターが配信される。Podcastなどのコンテンツも提供している。口コミで広がり、既に700万人の購読者を持つ。料金は、最初の30日間は無料で使用でき、以後$2.99/月の講読料がかかる。売上は2016年と比較して倍増しているとのこと。

2012年創業、本社はニューヨーク。Google Ventures等から今回調達した$12Mは、新たなサブスクリプションサービスの開発に活用する予定。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。