2017年ブログアクセスベスト5!Bot、Fintech、Amazon、D2C、そして1位は?

December 19, 2017 by Tak Miyata
best5

今年も一年間スクラムベンチャーズのブログにお付き合いいただきありがとうございました。昨年に続き、2017年のアクセス上位Best5をお届けしたいと思います。今年、日本から注目が高かったシリコンバレー関連のトピックスです。

5位<7月10日>「Botと話して1分で保険に入った」:スマホD2Cのフィンテック

005

第5位はこちら、InsurTechスタートアップ Lemonadeの保険に加入した際の体験をポストした記事。「90秒で加入できます」と豪語しているLemonadeですが、実際に触ってみると、本当に一分足らずで加入ができた上に、会話をした相手は「全てBot」、そのユーザ体験は「圧巻」とも言えるものでした。

「スマホネイティブなフィンテック」には既存の金融サービスをひっくり返す、大きな可能性があると改めて強く感じました。

4位<6月29日>これからの小売を理解するための20のキーワード

004

4位はこちら、小売を理解する20のキーワードの記事。大手の小売事業者のデジタルの担当者の方々が集まる勉強会で講演をさせていただく機会があり、普段我々がリテール、Eコマース周辺での投資に関して考えているキーワードを20個紹介させてもらいました。

お店に人が来なくなりつつあるリアル店舗の方々からすると、大きな脅威がやってきていると感じられているかもしれませんが、新たなテクノロジーが引き起こす消費者のショッピングスタイルの変化は大きなチャンスでもあります。

今年1月には、小売関連のスタートアップ280社をまとめたリテールレポートも出しており、大変ご好評をいただいております。

3位<5月16日>LookとShow。新製品から見えるAmazonの3つの戦略。

003

3位はアマゾン新商品についての記事。4/26に「Echo Look」、5/9に「Echo Show」と、Amazonから注目に値する新コンセプトのハードウェア製品が次々と発表された際に、その2つの新製品の紹介とその裏側にみえるAmazonの3つの戦略についてまとめました。

2位<1月24日>日本人の知らないシリコンバレー:「D2C」というリテールの新潮流

002

2位もリテール関連の記事。ファンド立ち上げの2013年から注目し投資をして来ている「D2C」というリテールビジネスの大きな潮流について、その代表例、注目すべき理由についてまとめました。Eコマースとソーシャルメディアを大きく普及した今の時代に、こうしたD2Cスタートアップまだまだ増えると思います。

1位<1月9日>「IoTコマース」時代到来。700ものAmazon Alexa搭載製品が登場した今年のCES。

001

1位は、今年最初に更新したCESについてのポスト。Amazon Alexaが話題をさらった2017年でしたが、はたして来年のCESはどんな発表が行われるのでしょうか。今から楽しみです。

Scrum Venturesでは、来年もシリコンバレーでの投資活動を通して得られる新しい情報やインサイトを、ブログを通してお届けしたいと思います。

引き続き来年もよろしくお願いします。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。