今週の注目5社:健康優遇保険 / ホログラフヘッドセット / IoT電子ブロック / ルームメイトマーケット / ファッションC2C

November 30, 2017 by Tak Miyata
Microduino

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

1.「健康優遇保険」Health IQ

2017-11-2603

[Service/保険] Health IQ
Series C ($34.6M) Andreessen Horowitz, CRV, First Round Capital and Foundation Capital

健康志向の人が優遇される保険サービス。

マラソンランナーやベジタリアンなど健康志向の人たちに対し、従来の保険より平均して4~33%安い保険を提供している。例えば、同社が開発した健康に関するテスト(約30問)の結果が高得点だったユーザーは、保険料が平均4%安くなったり、「1マイル(1.6km)を8分以内で走れる」など、一定の健康レベルを維持していることが証明できれば、さらに割引が適用される。2016年1月以降、これまでの販売額は53億ドルにのぼるとのこと。

2014年創業、本社はサンフランシスコ。Andreessen Horowitz等から今回調達した$34.6Mは、ベイエリアとサンディエゴオフィスの採用及び、引き続き商品開発に活用する予定。

2.「ホログラフヘッドセット」CY Vision

2017-11-2601

[HW/ホログラフ] CY Vision
Series A ($7M) Intel Capital and Vestel Ventures

VR/AR用の次世代ホログラフヘッドセット。

狭い視野角や酔いといった現状のVR/ARヘッドセットが抱える問題を解決し、より安全かつ快適にVR/AR体験ができるヘッドセットを開発している。特許も取得したホログラフィックディスプレイテクノロジーは、瞳孔をトラッキングすることで、人間が脳と目を使って3D画像を作成するのと同じメカニズムを活用している。研究室のスピンオフとして設立され、イスタンブールにあるKoc大学の光学分野で世界的に権威のあるHakan Urey博士も共同創業者として名を連ねている。

2016年創業、本社はサンノゼ。Intel Capital等から今回調達した$7Mは、引き続き製品開発に活用する予定。

3.「IoT電子ブロック」Microduino

2017-11-2604

[HW/電子機器] Microduino
Unattributed VC (NA) Qualcomm Ventures

小型で積み重ねできるArduino対応の電子機器。

「mCookie」と呼ばれるプログラミングやネットワーク接続ができる超小型のIoTガジェット。CPUを搭載するコア部分やBluetooth、WiFi、USB、microSDカードスロットなど、機能別に色分けされたパーツはマグネットで簡単に脱着可能。ベーシックキットは$89ドル。レゴブロックにも接続できるため子供や親・教師向けの教育ツールとしても活用されている。これまではKickstarterによるクラウドファンディングを活用していたが、今回初めてVCから資金を調達。

2012年創業、本社はウェストレイクビレッジ。Qualcomm Ventures等から今回調達した資金は、引き続き製品開発に活用する予定。

4.「ルームメイトマーケット」Roomi

2017-11-2605

[App/部屋] Roomi
Series A ($11M) Atami Capital, DCM Ventures, Great Oaks Venture Capital, JXC Ventures, Rosecliff Ventures and Townsquare Media

ルームメイトを簡単に探せるマッチングサイト。

詳細なプロファイルから、トレーニングが趣味やパーティー好きなど、自身の特性に応じたルームメイトを探すことができる。更に、アプリはFacebookと同期しているため、候補者の特性についても事前に知ることが可能。ターゲットは、家を買わないミレニアム世代やZ世代。初年度のダウンロード数は10万以上で、既にユーザーは100万人に到達し、登録されているアパートは25万戸にのぼるとのこと。

2013年創業、本社はニューヨーク。Atami Capital、DCM Ventures等から今回調達した$11Mは、全米および海外へのサービス拡大に活用する予定。

5.「ファッションC2C」Poshmark

2017-11-2602

[Marketplace/ファッション] Poshmark
Series D ($87.5M) Cross Creek Advisors, GGV Capital, Inventus Capital Partners, Mayfield Fund, Menlo Ventures, Temasek Holdings, Uncork Capital and Union Grove Venture Partners

中古の服や靴・バッグ・アクセサリーのファッションマーケットプレイス。

300万人の人々がスタイリストとして参加し、日々15万の新商品が追加され、2500万ものアイテムが掲載されている。アメリカでは50人に1人の女性が利用し、昨年から売上高は倍増、2017年には1億ドルに達する見込み。各取引の20%を手数料として徴収するモデルで、既に黒字化している。アマゾンのアレクサに話しかけると、ユーザーの好みに合うスタイルの服がアプリ内からレコメンドされるStylist Matchという新サービスもリリースし、近々IPOも計画中とのことで目が離せない。

2011年創業、本社はレッドウッドシティ。Temasek等から今回調達した$87.5Mは、人工知能を活用した操作性の向上や、大手ブランドとの提携拡大、海外進出に活用する予定。

最先端の技術調査、市場調査、戦略コンサルティングを行っています

スクラムベンチャーズは、年間1000社超の企業調査の実績をもとに、企業のご要望に合わせてコンサルティングやリサーチを行っています。